logo

日本初!「AIアバター接客×EC連携インタラクティブサイネージ」による狭小デジタルストアの実証実験を開始 - UsideUがNTTデータと連携

株式会社UsideU 2019年03月15日 16時40分
From PR TIMES

~省スペース化&省力化による将来的な一坪デジタルストアの実現へ~

2019年3月20日、株式会社UsideU(以下:UsideU)は、株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)が三井不動産株式会社(以下:三井不動産)と協働実施する狭小デジタルストアの実証実験に参画し、AIアバターシステム「コラボロイド」を提供します。

本実証実験では、オペレーターの動きと連携したアバターを介して販売員が遠隔地から店舗内の消費者に対して接客を行うと共に、接客データを人工知能(AI)技術を活用して解析し、アパレル商品に対する購買促進の有用性について検証します。この技術が実用化することにより、サイネージを設置するだけの一坪程度の狭小スペースで、AIアバターが呼び込みから接客販売まで一貫したプロセス行い、消費者のニーズを満たすデジタルストアを運営することが期待できます。

UsideUはNTTデータの協力のもと、本実証実験を通じて、AIアバター接客とEC連携インタラクティブサイネージの組み合わせによる狭小デジタルストアモデルを2019年内に実用化し、店舗数拡大を目指します。



【背景】
近年、いつでもどこでも欲しいものが購入できるEコマース(以下:EC)の発展・浸透により、実店舗そのもののあり方が問われています。また、社会的な労働力不足により、顧客一人一人のニーズに応えられる商品知識を持った販売員が不足しているため、AI技術を用いてこれを補うことの必要性が高まっています。

UsideUはこれまで対話AI及び顔認識技術によるアバター接客販売システム「コラボロイド」を開発し、技術を培ってきました。この度、こうしたノウハウや技術を活かして、店舗・販売員の販売活動におけるデジタル化の課題を解決し、サービス展開の可能性および運用検証を目的として、インタラクティブサイネージ×遠隔接客による狭小デジタルストアモデルの実証実験を実施します。

【実証実験の概要】
本実証実験は、三井不動産が開発・運営を手掛ける「三井ショッピングパークららぽーと海老名」の一角にて行います。サイネージ前に取り付けたカメラから、AIが消費者の性別および年齢層を推定し、その相手に応じた商品提案を行い(注1)、その提案によって消費者の購買行動に変化があるかを検証します。


また、AIアバターを介して販売員が遠隔地から店舗への呼び込みを行うとともに、店舗内の消費者に対して対話を通じた商品説明に対応できる仕組みを提供することによって遠隔からの声かけでも購入の後押しとなるのかを検証するとともに、消費者のニーズを満たす狭小デジタルストアの運用課題を確認します。

■イベント名:ららぽーと公式通販サイト”&mall”特別企画
   『2019年上半期 星座で占うラッキーカラースタイル』 supported by KIKONAS(注2)
■実施期間:2019年3月8日~31日(遠隔接客は2019年3月20日~31日)
■実施場所:三井ショッピングパークららぽーと海老名 4F EBICEN flatto

[画像: リンク ]


【今後について】
本実証実験の成果をもとに、さらなる機能拡充を行い、リアルとデジタルがシームレスに融合した新しい店舗形態の完成を目指します。
店舗運営に関わる省スペース化や省力化を実現し、これまで売場とはならなかったスペースも売り場にする機会作り出し、世界の消費市場の活性化に貢献していきます。

(注1) 今回の実証実験は女性客のみ対象となります。
(注2) KIKONASは、ららぽーと・ラゾーナが、ファッションやメイクの最新トレンド、日々を心地よく過ごすヒントなどの情報を掲載するウェブマガジンです。

株式会社UsideU(UsideU Inc.)について
UsideU(ユーサイドユー)は、サービス人材の不足を解決するため、AIを活用したデジタル派遣サービスを開発・提供しております。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]