logo

ブラザー、東京で工作機械のプライベートショーを開催

ブラザー工業株式会社は、2月14、15日に東京都江東区にある工作機械の東京ショールームで、2年半ぶりとなるプライベートショーを開催した。、2日間で取引先や顧客など約400人が参加した。



[画像1: リンク ]


今回のプライベートショーでは、同社のコンパクトマシニングセンタSPEEDIO(スピーディオ)の加工実演に加え、協賛メーカーと組んだセミナーなどが行われ、終日多くの人でにぎわった。

特に昨年のJIMTOF2018で初披露された新製品「F600X1」の加工実演は注目を集めた。F600X1は、機械剛性の向上と、振動を抑制する機械構造を実現したモデルで、今まで以上に安定した加工ができる様子を多くの人が見学した。協賛メーカーとのセミナーでは、SPEEDIOと各メーカーの製品を組み合わせて使用することで、加工能力が向上する例などが説明された。

担当者は、「多くの人に来ていただき、嬉しく思う。特に新製品には多くの質問や引き合いをいただき、手ごたえを感じることができた。今後も定期的に各地でプライベートショーを開催し、多くのお客様にブラザーの製品を知ってもらう取り組みを強化していきたい」と話す。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



<お客様 お問い合わせ先>
ブラザー工業株式会社 マシナリー事業 産業機器営業部 東京営業所  TEL:03-5625-2581

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]