logo

ブラザーが2019愛知環境賞「金賞」を受賞

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)は、愛知県が主催する2019年愛知環境賞※1において、グローバルな生物多様性保全活動が評価され、最高位である「金賞」を受賞しました。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

このたび、当社のクリック募金※2などのグローバルで行われている生物多様性保全活動が、「生物多様性に関する愛知目標及び持続可能な開発目標の達成に大きく貢献する」と高く評価され、2014年以来2度目となる「金賞」を受賞しました。

ブラザーグループは今後も、持続的発展が可能な社会の構築に向け、企業活動のあらゆる面で地球環境への配慮に前向きな活動を推進してまいります。
■ブラザーの環境活動についてはこちら
リンク


※1・・・2005年愛知万博の開催に合わせて、省資源や省エネルギー、リサイクルなどに関する優れた技術や活動などを表彰することで、資源循環型社会の形成を促進するとともに、広く全国に向けて、愛知の環境技術や環境活動のレベルの高さを発信する目的で愛知県が創設。

※2・・・ブラザーの国内外拠点が、NPOなどと協力して行っているさまざまな環境保全活動に対し、誰もが気軽に参加・支援できる仕組み。環境スペシャルサイト上で1日1回クリックすることができ、1クリックあたり1円としてブラザーが各活動に寄付する。
リンク

環境保全活動の例 
タイ:マングローブ林の再生プロジェクト
[画像3: リンク ]

スロバキア:災害からの森林再生プロジェクト(タトラ山脈)
[画像4: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]