logo

PTPグランドマスタークロックTS-2950にBlack Burst信号出力機能を追加 -放送局内の従来システムとの共存に必要な機能をオプションボードで提供-

セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、PTP対応の高精度時刻配信装置「Time Server Pro. TS-2950」に、放送局において従来からタイミングソースとして利用されている「Black Burst信号出力」機能をサポートするオプションボードを新たに開発し、2019年6月より販売する予定です。
 今回発表のBlack Burst信号出力用オプションボードのラインアップ追加により、TS-2950シリーズは、IPシステムだけではなく、従来のSDIシステムと混在する映像伝送システムにおいても同時にご利用いただくことが可能になります。

 現在、4K/8Kデジタル放送でのVideo over IP化でキーテクノロジーとなっているPTP(Precision Time Protocol)をサポートする「Time Server Pro. TS-2950」は、高精度なPTPや1PPSを出力するグランドマスタークロックとして数多くのお客さまで採用されてきました。
 今回の新オプションボードの提供により、IPシステムにPTPを、SDIシステムにBlack Burst信号を配信可能なタイミングソースとして、これまで以上に、放送局におけるVideo over IPへの移行に寄与していきます。


【放送局のSDIシステムとこれからのVideo over IPシステム】
放送局では、これまでのSDI(Serial Digital Interface)で構成する放送のライブ制作システムから、SMPTE(Society of Motion Picture & Television Engineers)などで定義された新しいIP技術(Video over IP)を用いたシステムへの切り替えが加速しています。
これは、4K・8K放送をはじめとするリッチな映像コンテンツが普及し始めたことで、それらのインフラをSDIケーブルで構築する場合、配線やビデオルーターなどがこれまでの何倍も必要となり、スペース、重量、コストなどに多くの課題があるためです。


<Time Server Pro. TS-2950 Black Burst信号出力オプションボード 概要>
【製品名】
TS-2950用Black Burst信号出力ボード
【発売日】
2019年6月(予定)
【販売価格】
オープン価格
【主な特長】
・Black Burst出力ポート:3ポート(BNC端子)
・1PPS出力ポート:1ポート(BNC端子)
・出力ポート単位で位相遅延を入れることが可能


※本文中に記載されている会社名、製品名などは各社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先:
セイコーソリューションズ株式会社
コーポレート企画統括部 広報宣伝部
担当:片山     tel:043-273-3147  e-mail:pr-center@seiko-sol.co.jp

お客さまからのお問い合わせ先:
セイコーソリューションズ株式会社 
ネットワークソリューション本部 NS開発部 NS企画開発課
担当:長谷川    tel:043-273-3184  e-mail:support@seiko-sol.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Time Server Pro. TS-2950構成イメージ

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]