logo

「DIGINEL開発 全身3Dスキャナーの新型量産モデルを海外の展示会で初披露」

株式会社デジタルアルティザン 2019年01月26日 13時40分
From PR TIMES

全身を1/200秒で撮影かつ高精度な3Dモデルの生成が可能な全身3Dスキャナー「3D GATEWAY」の量産モデルを「Bangkok Design Week 2019」にて初披露。

株式会社DiGITAL ARTISANは、株式会社DIGINELの技術提供の元、全身を1/200秒で撮影かつ高精度な3Dモデルの生成が可能な全身3Dスキャナー「3D GATEWAY」の量産モデルを共同開発しました。
本モデル(新型)は昨年より開発を開始し、各地でデモンストレーションを行ってきたプロトタイプ機を、改良を加え生産に向けて設計をアップデートしたモデルとなります。




株式会社DiGITAL ARTISANは、株式会社DIGINELの技術提供の元、全身を1/200秒で撮影かつ高精度な3Dモデルの生成が可能な全身3Dスキャナー「3D GATEWAY」の量産モデルを共同開発しました。

本モデル(新型)は昨年より開発を開始し、各地でデモンストレーションを行ってきたプロトタイプ機を、改良を加え生産に向けて設計をアップデートしたモデルとなります。
[画像1: リンク ]



「3D GATEWAY」とは?
1/200秒で全身を撮影、撮影した写真データから一体あたり約10分で3Dモデルデータを作成できる全身3Dスキャナーです。AR / VRでの使用や、3Dプリンターによるフィギュアの作成などに適したデータを簡単に作成できます。
撮影から3Dモデル化までのスキャンプロセスを自動化したことで、高度な専門知識を必要としないオペレーションを可能にしつつ、高額な費用を要した従来の全身フォトスキャナーと比較して、大幅なコストダウンを達成しています。
また、筐体全体を組み立て式にすることで、梱包して運搬が可能になり、イベント会場などスキャンが必要な現地で組み立て、使用することもできます。

開発:株式会社デジネル
技術協力:京都造形芸術大学クロステックコース, 株式会社デジタルアルティザン
[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]

従来モデルから、新型モデルへの改良点


従来のDIGINEL開発3Dスキャナーより、撮影するカメラの台数が増え、より高精細な全身のスキャンデータを撮影することが可能となりました。
設計を見直して運搬と梱包を簡便化し、板金フレームで構成することにより筐体の強度が向上たことで、空輸にも耐えられるなど運搬方法の幅が広がり、従来よりも何処にでも持ち運べ、大規模なイベントでも安心した運用ができる堅牢な筐体となりました。


新型モデルは海外イベントにて初公開
株式会社DiGITAL ARTISANはこの新型スキャナー「3D GATEWAY」の量産モデルを、タイのバンコクで1/26~2/3に開催される「Bangkok Design Week2019 (BKKDW2019)」にて、1/26, 27の二日間TCDC(タイ・クリエイティブ・デザインセンター リンク)3階のFabCafe Bangkokにて初公開します。
FabCafe Bangkokの会場では3Dスキャナーを使用した3Dスキャン体験を来場者へと提供します。
[画像4: リンク ]


バンコクデザインウィークについて
2018年は会期は9日間、バンコク中に渡り4つの地区を設け、全73箇所で展示やスピーチなど様々なイベントが行われ、会期中は400,000人以上の来場者を記録しています。
2019年のテーマは「Fusing Forward」。会期中は多くの企業、起業家、アーティストやクリエーター、デザイナー達が集いマーケットやワークショップを開催します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]