logo

「KOBE STARTUP AFRICA(神戸スタートアップアフリカ)」起業家を目指す若者20名をルワンダに派遣します!

神戸市 2019年01月25日 17時40分
From PR TIMES

神戸市は、神戸経済の持続的成長を実現する上で重要となる「神戸でチャレンジしたい若者」を増やすための施策の一環として、起業家(スタートアップ)のエコシステム構築に向けた取り組みを進めており、平成27年度より学生など若手IT人材のシリコンバレー派遣プログラムを行ってきました。

また、平成28年度より、アフリカ・ルワンダ共和国との間で、市内の大学と連携した現地教育プログラムの提供や民間企業ミッションを派遣するなど産官学で交流を進めてまいりました。

この度、成長性のある市場であり、取り組むべき課題を見つけやすいアフリカをフィールドとした海外派遣プログラム「KOBE STARTUP AFRICA」を初めて実施することとなりました。アフリカの中でもICT立国を目指す取り組みで注目を集めており、近年欧米の企業・投資家が多く訪れているルワンダ共和国に起業家を目指す若者を派遣します。

『KOBE STARTUP AFRICA』概要
1.参加者
将来起業を目指す学生・社会人 20名(参加希望者38人から選考)

2.派遣期間
平成31年2月16日(土曜)~3月2日(土曜)

3.プログラム概要
・現地視察によるアフリカ社会・文化への理解
・課題解決ワークショップ
・ビジネスモデルの策定、プロトタイプ作成・検証のグループワーク

4.集合・解散
ルワンダ・キガリ国際空港集合・解散

5.公式ホームページ
【URL】http:// www.kobe-startupafrica.com/

6.運営
神戸市・タイガーモブ株式会社

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]