logo

NEWSLETTER ヘイズ採用動向レポート「インサイドストーリー」ライフサイエンス編を公開 > 人材不足に伴い、高いスキルを有するプロフェッショナルへの需要が急増

ヘイズ・ジャパン 2019年01月24日 13時40分
From PR TIMES



[画像: リンク ]

【2019年1月24日】

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)はこの度、採用動向レポート「インサイドストーリー」のライフサイエンス編を公開しました。

レポートではライフサイエンス業界の現状について依然多くの人材が転職に消極的な状況であるものの、その一方で自分の市場価値に見合った報酬を得るために転職を考えている野心的なプロフェッショナルも増加していると分析しています。

◆日本のライフサイエンス業界で人材が最も不足している職種


メディカル・アフェアーズおよびメディカル・サイエンス・リエゾンのスペシャリスト
市場価格評価のエキスパート
臨床プロジェクトマネージャー


◆日本のライフサイエンス業界におけるトレンド


税優遇措置の拡大から規制緩和まで、日本政府は、医療機器、バイオテクノロジー、医薬品分野への海外からの投資増加を目指している。外国人が日本でビジネスを行うことに対するマイナスイメージの払拭に努めている。
企業は、海外にいる日本人の人材に目を向けながらも、経験の浅い現地の人材を採用して社内外の人材育成プログラムによってスキルアップさせることにも取り組んでいる。
即戦力となる人材が必要なポジションについて、海外拠点をもつ企業は、日本オフィスの空席のポジションを埋めるために、内部での人事異動で調整している場合があり、これは海外から新たな人材を受け入れるよりも好まれる傾向にある。
前述の傾向は、ライフサイエンス分野で需要の高い人材が大幅な給与アップや手厚い就業条件の提示を期待できる一方で、企業が駐在員手当を支給しない傾向と一致している。
日本のライフサイエンス人材はこれまでの実績に安住するのではなく、プロフェッショナルとしての能力向上により重点を置き、MBAやMPHの取得に取り組んでいる。時間と財源が限られていれば、雇用適性の向上のためにオンラインでのMBA取得を選択する場合もある。



◆医療分野の成長に伴い、人材獲得競争も活発化
ブラジは次のように述べています。「ライフサイエンスのプロフェッショナルは、医療機器、バイオテクノロジー、医薬品分野が成長を続けていることから、従来のスキルと必要なスキルとのギャップが拡大しているとの認識を強めています。企業が必要なスキルを有した優秀な人材の争奪戦を繰り広げる中、採用が見込まれる人材にとっては、現在の勤務先と給与に関して交渉するにも、また希望通りの給与条件を提示してくれそうな他社へ転職するにも有利な状況となっています」

一方で、医薬品および医療機器企業は楽観的な事業見通しを示しており、それに応じて採用活動も活発化してきました。従来の医薬品販売に加え、メディカル・アフェアーズおよびメディカル・リエゾン部門の設置に取り組む企業がより一層増えています。

また、医療費負担軽減のために日本政府が近年実施した薬価制度改革を受け、市場価格評価という新しい分野の人材需要が急激に高まっています。


◆高まるバイリンガル人材への需要
日本の市場は、昨年かつてないほどの大規模な採用活動を展開した多国籍企業の拡大を歓迎しており、バイリンガル人材への需要もかなり高い状態となっています。

人材不足に対応するために、概して現地の人材を採用する傾向にある日本のライフサイエンス企業は、外国語が堪能で、かつ日本特有のビジネス文化およびニュアンスの違いに通じている人材が企業成長の促進に必要となるため、海外経験を有する日本人の人材を惹きつける取り組みにより一層力を入れています。

企業は、給与アップに加え、他社よりも優位に立つために、フレックスタイム制、在宅勤務制度、早期退職制度の導入など経済面以外のインセンティブも提供しています。

「企業は、可能な限り最適な人材を確保するため、積極的な採用戦略の一環として、求人フェアへの参加、大学との連携、社内の人材獲得部門の立ち上げに取り組んでいます。また、通常社内部門による採用がより難しい、高い専門性や高度な技術を有した人材の確保については、プロフェッショナル人材紹介企業に大きく頼っています」とブラジは指摘しています。


インサイド・ストーリーライフサイエンス業界編はこちらをご覧ください。
リンク

ヘイズは、専門性の高いプロフェッショナルを対象に人材紹介サービスを提供しているリクルートメントのグローバル・エキスパートです。

以上

ヘイズについて
ヘイズ(本社:英国)は、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。2018年6月30日現在、世界33カ国*、257 の拠点(総従業員10,978人)において、20の専門分野に特化したハイスキル人材サービスを提供しています。(*日本、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ)

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(ヘイズ・ジャパン)について
ヘイズの日本法人として2001年に東京で設立されたヘイズ・ジャパンは、3つの国内拠点(日本本社、大阪支店、横浜支店)を有する外資系人材紹介会社です。15の専門分野(経理・財務、金融、ファイナンステクノロジー、デジタルテクノロジー、マーケティング・デジタル、人事、IT、保険、法務、ライフサイエンス、オフィスプロフェッショナル、不動産、セールス・マーケティング、サプライチェーン、マニュファクチャリング)に精通した経験豊富なコンサルタントが、「正社員紹介」「契約・派遣社員」「採用アウトソーシング(RPO)」「ITソリューションズ(業務委託)」の4つのサービスを提供し、企業の人材採用と個人のキャリアアップを支援しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]