logo

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

株式会社ドローン・フロンティア 2019年01月22日 17時40分
From PR TIMES

株式会社ドローン・フロンティア(本社:東京都足立区、代表:弓削 拓実、以下ドローンフロンティア)は1月22日、足立区と災害時におけるドローン活用の協定を締結し、足立区役所内で調印式を行いました。
区と民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは、東京23区では初の事例となります。



[画像1: リンク ]

東京23区でも5番目に人口の多い足立区では、災害時には一級河川である荒川の氾濫や、乗降者数ランキングで常に上位の北千住駅の混乱など、大規模震災などでは多くの被害が想定されます。

今回の災害協定では、足立区に本拠を置くドローンフロンティアが事前に取り決めをしている各離発着地点より災害時にドローンを飛行し、一早く現場の撮影を空から行いリアルタイムで区役所内の防災センターに映像を伝送するというもの。
これにより区は従来より迅速な情報収集が可能となり、災害時における対策への動きを早めることが可能となります。

調停式には足立区・近藤区長を始めとした各関係者が出席。
今後も区内でのドローン活用に関して発展的な会話が繰り広げられました。

足立区とドローンフロンティアでは、これを皮切りに橋梁点検や人命救助など災害時での幅広いドローンの利活用に向けて今後も多くの分野で実証実験を行っていく予定です。

≪株式会社ドローンフロンティアとは≫
東京足立区に本拠を置く、ドローンのビジネス運用におけるプロフェッショナル集団。
経験・知識共に豊富なドローンパイロットを始めとする専門家が多数在籍し、ドローン空撮による映像製作や建築分野における外壁・屋根点検などを中心に多くの現場をこなしている。
また昨今多くの企業がドローン業界に参入している中、ドローンフロンティアでは多くの大手企業や行政のビジネスシーンにおけるドローンの運用ノウハウを提供し、総合的なサポートを行っている実績がある。
『安心安全なドローン活用法を世に広める』ことをモットーに活動するドローン業界のリーディングカンパニーの1社だ。
[画像2: リンク ]



≪関連リンク≫
株式会社ドローン・フロンティア公式サイト
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]