logo

OKI、文部科学省・経済産業省の第8回キャリア教育推進連携表彰「優秀賞」を受賞

OKI 2019年01月21日 10時40分
From PR TIMES

肢体不自由特別支援学校における「遠隔職場実習」「キャリア教育の出前授業」が高評価



[画像: リンク ]

OKIの特例子会社(注1)であるOKIワークウェル(社長:津田貴、本社:東京都港区、以下 OWW)は、文部科学省・経済産業省主催の第8回キャリア教育推進連携表彰「優秀賞」を受賞しました。今回の受賞は、OWWが長年にわたり継続して実施している、肢体不自由特別支援学校における「遠隔職場実習」(リンク)、「キャリア教育の出前授業」(リンク)が評価されたものです。

キャリア教育推進連携表彰は、文部科学省と経済産業省が共同で、教育関係者(学校や教育委員会等)と、行政(首長部局等)や地域・社会(NPO法人やPTA団体等)、産業界の関係者(経済団体や企業等)が連携・協働して行う地域全体での学校を中心としたキャリア教育の取り組みを表彰するものです。

OWWは、独自開発のテレワークシステム(リンク)を活用し重度障害者の在宅雇用を20年間継続しており、全国20都道府県で約50名が在宅勤務しています。「車いす使用など移動が困難で会社に通えない生徒に向けた職場実習環境を提供してくれる企業がないので困っている」という全国の肢体不自由特別支援学校からの要請にこたえるため、障害者の在宅雇用の経験を学校教育に活かす取り組みとして、「遠隔職場実習」や「キャリア教育の出前授業」を実施してきました。2004年より開始した「会社に行かない働き方」を体験する「遠隔職場実習」への参加者は140名を超えました。また、「キャリア教育の出前授業」は2011年より開始し、これまでに実施回数は約50回に達しています。

全国の肢体不自由特別支援学校では、OWWの「遠隔職場実習」や「キャリア教育の出前授業」などを通じ、テレワーク就労システムと社会で求められる能力や態度に関する理解が進むこと、児童生徒のあこがれる「会社に行かない会社員」として働く先輩ができることで、働く意欲と学習意欲の向上につながっています。また、障害のある児童生徒の就労を真剣に考え、企業が自ら学校に来て出前授業と職場実習を行い、多様な働き方を示すこの取り組みには、保護者も積極的に参画しています。

さらにOWWでは、障害者の在宅雇用の経験を学校教育に活かす取り組みとして、肢体不自由特別支援学校の児童生徒を対象とした遠隔社会見学(リンク)も実施しています。今後も、子どもたちの勤労観・職業観を育成するキャリア教育への支援活動を続けていきます。

用語解説
注1:特例子会社
「障害者の雇用の促進等に関する法律」に定める、障害者の雇用に特別の配慮をした子会社。


沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
株式会社沖ワークウェルは、通称をOKIワークウェルとします。
本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
OKI 広報部
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com
本件に関するお客様、教育関係者様からのお問い合わせ先
OKIワークウェル
電話:03-5445-6805
e-mail:oww-info@oki.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]