logo

トランスコスモス、新設した武漢センターの開所式を開催

トランスコスモス 2019年01月15日 11時00分
From PR TIMES

華中エリアにおける取り組みをさらに強化、コンタクトセンターサービスを提供開始

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)の100%子会社である上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司(本社:中国上海市、CEO、山下栄二郎、以下、トランスコスモスチャイナ)は2018年7月に設立した武漢センターの開所式を、2019年1月11日に開催しました。お客様企業、パートナー企業に来賓として出席いただきました。



[画像1: リンク ]


新設したコンタクトセンターの開所式において、トランスコスモスチャイナのCEO山下栄二郎は、以下のとおりコメントしました。
「トランスコスモスは52年の歴史をもつ世界有数のBPO企業として、お客様企業にコンタクトセンター、ECワンストップ、デジタルマーケティング、システム開発およびDECトータルサービスを提供しています。中国市場に進出して20年以上、70を超えるブランドのサービス提供実績をもっており、インターネット、3C製品、IT製造、金融、ベビーケア、アパレル、化粧品、小売、自動車、情報通信などの業種の数多くのグローバル企業にアウトソーシングサービスを提供しています。

今回の武漢進出をきっかけに、武漢市の優秀な人材、市場の優位性を利用し、低コストでお客様企業に付加価値の高いサービスを提供できます。また、グローバル企業として、トランスコスモスは日本語、英語、中国語を含む23カ国語の多言語対応が可能です。今後、トランスコスモスはお客様企業に優れたサービスを提供することを使命として、市場シェアの拡大と競争優位性の強化を支援していきます。」

●「武漢センター」概要
所在地: 中国湖北省武漢市江夏区
業務内容: コンタクトセンター
対応言語: 中国語(標準語)
対応チャネル: Online Chat、Call、SNSなど
武漢センターは複数の会議室、トレーニングルーム、打ち合わせ室、休憩室を備えており、現代的で、インターネット化、情報化されたオフィス環境は、人材募集やプロジェクト稼働を強力に支援しています。また、先進的なコンタクトセンターシステムと技術を採用しており、プロジェクト開始時には、管理者とトレーナーの遠距離支援により、プロジェクトの迅速な稼働、高品質なサービスデリバリーを実現できます。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]



中国の10拠点目のコンタクトセンターとして、武漢センターの設立は、トランスコスモスが華中エリアにおける取り組みのさらなる強化を意味しています。武漢センターをベースに、トランスコスモスは今後、華中エリアの市場開拓をさらに進め、豊富な運用サービス提供経験と実績を活かして、お客様企業にあったECサービス、コンタクトセンターサービスを全方位的に提供していきます。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です。
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と新型の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界31カ国・169の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: リンク)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]