logo

ZWSOFT、生産性を向上させた3次元CAD/CAM「ZW3D 2019」を発表

ZWSOFT 2019年01月15日 09時00分
From JCN Newswire







中国、広州市-2019年1月12日-製造業界向けの先進CAD/CAMソリューションのリーダーサプライヤーであるZWSOFT社は、設計から製造までの生産性を向上して、新しい製品をより早く市場に投入できる画期的なシステムである3次元CAD/CAM「ZW3D 2019」を発表しました。
  
 
設計の最適化
3D CADプラットフォーム上で最適化され、革新されたZW3D 2019は新たなステージへと進みます。 新しいアルゴリズムにより表示・計算・応答の処理速度が向上し、3Dモデルのズーム・パン・回転スピードも向上します。また1GBを超える大きなモデルの処理も向上します。 たとえば、98,560フェースで4,480シェイプのパターン化は 75%速くなります。
  
 
アップグレードされたアセンブリは、ZW3D 2019のもう1つの注目点です。新しいフレキシブルサブアセンブリを搭載しましました。この改善により、エンジニアはアセンブリ全体の動きの検証を簡単に確認できます。加えて、より生産性の高いアセンブリ設計が保証され、さらに、ユーザビリティを向上させるインコンテキスト・アセンブリ・ ツールと、属性を効率的に管理するための完全にカスタマイズされた3D BOMにより、より生産的なアセンブリ設計が保証されます。
 

 
金型のアップグレード
ZW3D 2019はワークフローを最適化し、より明確化したパーティングウィザード、強化されたパッチツール、マルチ領域定義、分割などの機能を拡張し、コアキャビティの分割をより安定かつ簡単にします。
 
 
 
信頼性が高いCAM機能の拡張
パワフルな超高速荒加工技術を搭載したVoluMillは、ZW3D 2019に統合され、サイクルタイムを最大70%短縮し、生産性を50%向上させます。
 

 
NC出力サブプログラム、2軸クリーンアップコーナー制御、平面仕上げなどの新しいCAM機能を追加して加工品質及び効率の向上に役立ちます。
 

 
サードパーティツールとの統合
VoluMill以外、他のネイティブインテグレーションも期待できます。例えば、材料利用率を最大化するためのネスティング用Alma CAMや、標準規格部品モデリングの際に繰り返し作業を最小限に抑えるためのライブラリーPARTsolutionsなどを搭載しています。
 

 
最新版のZW3Dには、お客様とのコミュニケーションや、フィードバックの情報に基づき数多くの機能改善が行われています。我々の目標は、使いやすく、高い品質の生産性プロダクトを提供することです。
 
リンク">詳細
リンク">ブログ
 
ZW3Dとは
完全な製品開発プロセスのために設計された統合CAD/CAMソリューションであるZW3Dは、ソリッドサーフェスハイブリッドモデリング、ノンソリッドコアキャビティ分割、および2軸から5軸までのスマートCNC加工技術のための最速のカーネルを備えています。
 
連絡先
ZWSOFT
張 龍飛(チョウ リュウヒ)
電話番号 +86-20-38289780
zw3djapan@zwcad.com
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]