logo

J:COMとKBCが“ふるさと福岡”を盛り上げます!地域活性化プロジェクトで強力タッグ!

J:COM 2019年01月10日 15時40分
From PR TIMES

~第一弾は「KBC×J:COMふるさとWish」公開収録放送~

株式会社ジェイコム九州(J:COM、本社:福岡市中央区那の津、代表取締役社長 徳田 瑞穂)と九州朝日放送株式会社(KBC、本社:福岡市中央区長浜、代表取締役社長 和氣 靖)は、放送エリアの重なる福岡県内11市町(福岡市、北九州市、宗像市など)を盛り上げ、安心安全なまちづくりに寄与する事を目的に事業連携を進めていくことで合意いたしました。



[画像1: リンク ]

●J:COMとKBCが地域活性化プロジェクトでタッグ!
プロジェクトの第一弾は、KBCが2019年1月から展開する開局65周年企画「ふるさとWish」と連携した公開収録番組をJ:COMで放送します。題して『KBC×J:COM 地域密着 情熱プロジェクト ふるさとWish』。KBCテレビとラジオが取材放送した週末、J:COMで地域にスタジオを設けて住民参加型の公開収録を実施します。「J:COMチャンネル」(地上デジタル11ch)で毎月放送します。(毎月1回、日曜日19時~20時放送、J:COMエリア地域に限る)。
J:COMで行う公開収録放送のメインMCには、モーニング娘。OGで、現在福岡在住タレントとして活躍中の中澤裕子と、福岡に移住した兄弟漫才師サカイスト(よしもとクリエィティブ・エージェンシー)が登場します。 そこへKBCアナウンサー等が出演してKBCで取材放送したレポートを交えながら公開収録にゲストとして登場します。そのほかにもJ:COMアナウンサーがKBCテレビ「サワダデース」やKBCラジオ「PAO~N」に出演。地域の話題を生中継するなど、放送素材から出演者、アナウンサーまでメディアの垣根を越えた相互連携で地元、福岡を盛り上げていく予定です。
[画像2: リンク ]


両社はこれまでも「全国高等学校野球選手権大会 福岡大会」や「福岡マラソン生中継」等、番組制作での連携を図ってきたことから、更なる地域貢献事業連携としてこのたびの取り組みに至りました。

「定住促進」「福祉」「少子高齢化」「観光客誘致」など市町村の課題が山積する中、KBCとJ:COMでは地域の声に耳を傾けながら、番組制作や放送連携を通して、地域の安全安心に寄与し、福岡の街の発展に貢献していくメディアとして連携をすすめてまいります。



【参考情報】


◆KBC65周年企画「ふるさとWish」について
[画像3: リンク ]



ラジオ放送を開始して2019年1月で65周年を迎える九州朝日放送(KBC/本社:福岡市中央区長浜)は、周年事業として、「KBC60市町村情熱プロジェクト ふるさとWish」を展開します。KBCテレビ・ラジオの番組が一丸となって、ひとつの自治体に毎週1週間ずつスポットを当て、特産物をはじめイベントや祭り、元気な企業、人など様々な情報を発信していきます。福岡県は全部で60市町村。1月6日(日)から始まる「ふるさと Wish久留米市」を皮切りに、翌週は福智町、その次は福津市と、2020年3月まで、1年3カ月かけて全60市町村を巡るプロジェクトです。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]