logo

直木賞発表直前! 候補作・『宝島』(著:真藤順丈)電子書籍を1日限定で100円で展開!!

株式会社講談社では電子書籍キャンペーン『冬☆電書2019』の開催期間である1月14日(月・祝)に、「真藤順丈『宝島』フェア・1日限定100円!!」を各電子書店(Amazon、eBookJapan、Kinoppy、dブック、BOOK☆WALKER、ブックパス、BookLive!、honto、楽天Kobo、Reader Store)で展開いたします。



[画像: リンク ]

第160回直木賞の候補作に弊社刊『宝島』(著:真藤順丈)がノミネートされました(受賞発表は1月16日)。
これを記念して、1月14日(月・祝)に「24時間限定・100円(税込)」を実施します。
受賞しても受賞しなくても、直木賞候補作が最初で最後!? の超特価100円!

占領下の沖縄で実際に起きた戦闘機小学校墜落、米軍車両死亡交通事故無罪判決。県民の怒りが爆発したコザ暴動。
主人公たちの生き方を通して沖縄の痛みが理解できる作品にぜひ触れてみてください。

【内容紹介】
『宝島』 著:真藤順丈

希望を祈るな。立ち上がり、掴み取れ。愛は囁くな。大声で叫び、歌い上げろ。信じよう。仲間との絆を、美しい海を、熱を、人間の力を。【あらすじ】英雄を失った島に新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み――グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり――同じ夢に向かった。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]