logo

パーソルP&Tの採用管理システム「HITO-Link リクルーティング」と Web面接・動画面接プラットフォーム「HARUTAKA」がAPI連携を開始

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 2019年01月09日 16時40分
From PR TIMES

~次世代の採用手法でいつでも・どこからでも面接が可能に、地方・海外・大量採用を促進~

総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)が提供する新卒・中途採用支援システム「HITO-Link(ヒトリンク)リクルーティング」と、株式会社ZENKIGEN(本社:東京都千代田区、代表取締役:野澤 比日樹、以下「ZENKIGEN」)が提供するWeb面接・動画面接プラットフォーム「HARUTAKA(ハルタカ)」は、2019年1月9日(水)よりシステムを連携いたします。本連携により、「HARUTAKA」を利用した学生や求職者からの自己PR動画を「HITO-Link リクルーティング」上で閲覧・評価することが可能となり、応募受付から動画による選考、その後の選考までを一気通貫で管理できることで、効率的な採用活動を促進します。

■ 背景
昨今、転職市場では求人倍率が上昇し続けており、人材の確保は企業にとって大きな課題となっています。企業は新卒・中途採用の両面で、採用活動の幅を広げるため様々な工夫や取り組みを行っています。
しかし地方や海外での採用において、学生や求職者の面接時の交通・宿泊費等のコストや時間的な負担がかかり、思うように採用活動が進まないことが課題でした。これらの観点から、コストや時間の問題を解消する動画面接やWeb面接に注目が集まっています。
さらに、動画やWebを利用した面接の実施は、遠方の候補者に対するアプローチだけでなく、一次スクリーニングの効率的な手段として、大量採用を行う企業でも活用されており、次世代の採用手法として注目を集めています。

■概要
「HITO-Link リクルーティング」と「HARUTAKA」の連携により、学生や求職者が撮影した面接用の自己PR動画(※1)を、企業の採用担当者が「HITO-Link リクルーティング」上で閲覧することが可能になります。これにより選考プロセスに動画による選考を組み込むことができます。

企業は、動画の投稿フォームと設問を「HITO-Link リクルーティング」からボタンひとつで候補者へ送信でき、候補者は届いたメールやマイページから動画を投稿、設問への回答が可能です。企業はそれらを閲覧後、同画面上で評価ができるため、応募受付から動画選考、その後の選考までを負担なく一気通貫で行うことができます。
(※1)「HITO-Link リクルーティング」上での閲覧は学生や求職者が撮影し録画された動画のみとなります。「HARUTAKA」に搭載されているライブ面接などの動画面接機能は「HARUTAKA」の管理画面にてご利用いただけます。

■動画を利用した採用活動の効果
-地方や海外在住の候補者の採用活動を促進
学生や求職者が、現在の居住区域と離れた場所での就職を希望する場合、面接のたびに何度も企業に足を運ばなければなりません。さらに、面接初期にかかる移動費は、候補者側の負担であることが多く、候補者がエントリーをためらう要因にもなっていました。「HARUTAKA」を利用することで、撮影した動画でエントリーが可能となるため、場所や時間を問わず、低コストで応募をすることが可能になります。

-面接の精度が向上、選考のミスマッチを防ぐ
対面の面接では、面接官の主観や好みによる採用のミスマッチを排除することが難しく、面接の精度が上がらないことに課題を感じている企業も多くあります。HARUTAKAを利用することで、動画を複数名の面接官が確認できるほか、繰り返し閲覧することができるため、偏った選考により合否が左右されてしまうことを防ぐことができます。

■「HITO-Link リクルーティング」について<リンク
「HITO-Link リクルーティング」は新卒・中途領域の採用に特化したクラウド型採用支援システムで、あらゆる経路からの応募情報を一元管理し、面接から承諾までを一括管理することが可能です。またグループウェアや労務ソフトなど、さまざまなシステムとの連携や、マイページ発行機能、WEB履歴書機能、求人案件管理機能、分析機能など多彩な機能を搭載し、採用担当者の圧倒的な業務工数の削減が可能となるシステムです。
お問い合わせはこちら:<リンク

■「HARUTAKA」について<リンク
「HARUTAKA」はソフトバンク株式会社やUSEN-NEXT HOLDINGSなど、大手企業を中心に約80社が導入するWEB面接・動画面接プラットフォームです。面接調整にかかる手間やコストを軽減することで、人事の採用業務の効率化や面接精度向上を実現するだけでなく、候補者側の負担を大きく軽減することが可能です。

■ パーソルプロセス&テクノロジー株式会社について<リンク
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、パーソルグループの「ITOセグメント」中核会社として、ITにおける開発から運用、テクニカルサポート等を提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングを実施しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)からパーソルプロセス&テクノロジー株式会社へ社名変更。労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について<リンク
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外80社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

■株式会社ZENKIGENについて
会社名:株式会社ZENKIGEN(ゼンキゲン)
代表者:野澤比日樹
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6F
設立:2017年10月
事業内容:動画面接プラットフォーム『HARUTAKA(ハルタカ)』の企画・運営
リンク
ビジョン:テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]