logo

室内でも空撮ができる!ドローンよりも手軽な空撮キット「Wiral(R) LITE」が登場!

きびだんご株式会社 2019年01月09日 13時40分
From PR TIMES

Kibidangoで、1月10日(木)より日本上陸プロジェクト開始!



[画像1: リンク ]

 「Wiral(R) LITE(ワイラルライト)」は、最長50mのワイヤーにスマホやカメラを吊り下げることで、ダイナミックな映像を撮影することができるポータブルガジェットです。スマートフォン、アクションカム、ミラーレスカメラなど、最大1.5kgまでならどんなカメラも取り付けが可能で、簡単なリモコン操作で映画のワンシーンのような映像を撮影することができる空撮キットです。
 この「Wiral(R) LITE」の日本上陸に向けたプロジェクトを、1月10日(木)から3月7日(木)まで、クラウドファンディングサイト「Kibidango」にて開催します。目標金額200万円達成で、日本上陸が決定します。 価格は、プロジェクト期間限定で39,900円(税・送料込)より提供します。
[画像2: リンク ]


■様々なシチュエーションで活躍する空撮キット!
Wiral(R) LITE(ワイラルライト)は、素人でもまるで映画のワンシーンのように、迫力あるアングルからの撮影ができる、ポータブルガジェットです。ドローンよりも騒音や危険性が少ないため、室内や人に接近した撮影も可能です。
[参考動画:]
[動画1: リンク ]



[画像3: リンク ]



■設置はわずか3分!簡単操作で誰でも手軽に空撮!

[画像4: リンク ]



Wiral(R) LITEは、初心者でも手軽にユニークな動画撮影ができるように工夫されています。最大50mのワイヤーの両端を固定するだけですぐに撮影が可能。設置時間はわずか約3分。特許申請中のQuick Reel™により素早くロープを張ることが可能です。
[参考動画:]
[動画2: リンク ]



バッグに入るサイズ感で重量も軽く持ち運びも簡単。撮影に使用するカメラも、スマートフォン、アクションカム、ミラーレスカメラなど、最大1.5kgまでならどんなカメラでも取り付け可能です。

[画像5: リンク ]


■ドローンよりも優れた「Wiral(R) LITE」のポイント

[画像6: リンク ]

Wiral(R) LITEは、ドローンではできない室内や人や障害物の多い環境での問題を解決します。
[ドローンとWiral(R) LITEの比較動画:]
[動画3: リンク ]



[画像7: リンク ]


製品仕様
重さ:590g
サイズ:279 x 82 x 50 mm
耐荷重:1.5 kg
傾斜:最大30度まで対応(重量200gのアクションカメラを使用した場合)
バッテリー:1回の充電で約3時間使用可能
セット内容
Wiral(R) LITE本体 / Quickreel™(ロープ50m) / ボールジョイント / カメラ固定ねじ(1/4インチ)/ 充電用アダプタ / リモコン / 結束バンド / 大容量バッテリー / エンドポイント用クリップ
価格
Kibidango特別価格(超早割):39,900円【5セット限定】
Kibidango特別価格(早割):44,900円【50セット限定】
Kibidango特別価格:47,800円
一般販売予定価格:54,800円
※価格はすべて「税・送料込」の価格です。

■Kibidangoの「きびだんご海外面白商品探索部(きびたん)事業」について
クラウドファンディングサイト「Kibidango(きびだんご)」は、2017年4月より、海外のスタートアップやクリエイターの日本進出プロジェクトを運営する事業「きびだんご海外面白商品探索部(通称:きびたん)」をスタートし、これまでに40以上の海外プロダクトを日本国内に届けてきました。海外プロダクトを日本の皆様に安心して手にとって頂けるよう、技適認証や物流、カスタマーサポートまですべて自社で管理・運営を行っています。
・「Kibidango(きびだんご)」リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]