logo

インテック、RPA製品「UiPath」のゴールドパートナーに認定

TISインテックグループ 2019年01月09日 11時00分
From PR TIMES

~「UiPath」に関する高い技術力・導入実績を評価~

 TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation、以下RPA)において、ソフトウェアベンダーUiPath社(本社:米国)の日本法人であるUiPath株式会社(本社:東京都千代田区大手町、代表取締役CEO:長谷川康一)より、パートナープログラムの最高位「ゴールドパートナー」に認定されたことを発表します。

 UiPathは高い操作性、フレキシブルな拡張性、柔軟な適応力を持ち、顧客企業のビジネスをより発展させるRPAツールです。その高い機能性は国内外で評価され、日本で700社、世界で1800社(2018年12月現在)の幅広い業種のお客さまに採用されています。

 今回インテックが認定されたゴールドパートナーは、UiPathの認定リセラーの中でも、製品に関する高い技術力・サポート力を有し、製品・製品ソリューションの導入実績がトップレベルと認定されたパートナーです。

 インテックは、今回認定された「ゴールドパートナー」以外にも、製品の機能や技術を習熟したトレーニングを提供する「UiPathトレーニング・アソシエイト」の認定を受けており、UiPathの販売だけでなく、導入・ロボット開発・トレーニング・サポートなどお客さまの目的に応じて、最適なサービスを提供しています。
 2018年10月からはDXソリューションセンター内にお客さまの業務デジタル化を推進・サポートする専任組織を新設し、さらなるサービス向上に取り組んでいます。

 インテックは、ユーザーインターフェースの日本語化対応をはじめ、ますますユーザビリティの高くなったUiPathと、当社が実践で培った技術力、業務・RPAのノウハウを活かし、お客さまの業務デジタル化を推進する、より実用性の高いソリューションの提供を目指します。

RPA(Robotic Process Automation)について
 現在、人手を使って操作している定型的なシステムの操作やデータの入力処理などを識別し、人間と同じように操作を行うソフトウェアです。RPAは、一般のプログラム言語でITシステムを構築するのではなく、事前に設定された実行手順に従って動作します。

UiPath社について
 UiPath社は、お客様の業務プロセスを効率的に自動化するためのソフトウェアプラットフォームを提供する、世界のトップRPAカンパニーです。米国を本社とするUiPath社は、日本、英国、ルーマニア、フランス、ドイツ、インド、シンガポール、香港、オーストラリア等に拠点を持ち、約1,800社のRPAによる自動化実績を有しています。日本法人は2017年2月に設立されました。すでに700社(2018年12月末現在)のお客様でご利用頂いております。

インテックについて
 お客さまの経営戦略に沿った情報化戦略の立案からシステムの企画、開発、アウトソーシング、サービス提供、運用保守まで、IT分野において幅広く事業を展開しています。 インテックは、創業以来55年にわたって培ってきた技術力をもとに、AI、RPA等のデジタル技術の活用や、「モード2」と呼ばれる新たな価値創造型の開発にも積極的に挑戦しています。 常にオープンな姿勢で、人、企業、社会を技術でつなぎ、自らも変革しながら「豊かなデジタル社会の一翼を担う」企業としてお客さまに新しい価値を提供してまいります。

TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]