logo

MGIが超高処理量遺伝子シーケンサー1000台設置、MGISEQ-T7の初期利用プログラム開始を発表

MGI 2019年01月10日 09時32分
From 共同通信PRワイヤー

MGIが超高処理量遺伝子シーケンサー1000台設置、MGISEQ-T7の初期利用プログラム開始を発表

AsiaNet 76978 (0036)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2019年1月8日PRNewswire=共同通信JBN】ゲノミクスの世界リーダーBGI Groupの子会社として2016年に設立されたMGIは、16カ国にMGIシーケンサー1000台設置の新たな一里塚を達成したと発表した。MGI最高執行責任者(COO)のフイ・ジャン博士は第37回年次J.P. Morgan Healthcare Conference開催前日のChina Focus@JPM Weekの講演会で、同社最新の超高処理量の遺伝子シーケンサー「MGISEQ-T7」に対するMGIの初期アクセスプログラムが利用可能になったことも発表した。

Photo - リンク
(写真説明:第37回年次J.P. Morgan Healthcare会議に出席したフイ・ジャンCOO)

MGISEQ-T7は、1回の操作で最高4つのフローセルを同時、しかも個別に操作できることによって、DNAの処理速度、処理量、柔軟性を大きく改善する。この革新的な4フローセル・プラットフォームは、いつでも個別に処理させるために、異なるリードレングスとアプリケーションによる複数のフローセルを可能にする。PE150のシーケンシングは、完了までに全負荷で24時間以内に済む。T7に使われるDNBseq(商標)を含めて、MGIの特許技術は、フローセル、流体工学、生物化学的、光学的システムへのアップグレードを通じて、例外的な高精度を提供する。同プラットフォームは、1日で最高60のヒトゲノム(遺伝子)に相当する60テラバイト(Tb)の日量データを生み出すことができる。

Photo - リンク
(写真説明:超高処理量の遺伝子シーケンサーMGISEQ-T7)

MGIの技術は大集団のヘルスプロジェクトのスピード、効率、経費を改善する。過去に行われた10万人のゲノムプログラムは完了までに4年から6年かかったが、現在はそのようなプロジェクトに6台のMGISEQ-T7シーケンサーを利用すれば、わずか1年でより安く完了させることができる。

この初期アクセスプログラムは、遺伝子技術とアプリケーションの開発に当たって、コラボレーションをサポートする。器機、試薬、革新的な財務モデルのカスタム化も可能になる。MGIプラットフォームは、世界中で支持を得ており、135以上の刊行物がMGIシーケンサーと生成された20テラバイト以上のデータを利用している。

Photo - リンク
(写真説明:特許取得のシーケンシング技術 MGISEQ/BGISEQの進歩)

MGIはシーケンサー製品ポートフォリオのほかに、超高処理量ゲノムシーケンシングのニーズに応じて、自動化された試料調整ワークステーションの製品ポートフォリオを開発した。ジャン博士は、試料調整のためのMGISPワークステーション製品シリーズ、バイオインフォーマティクス分析のための製品シリーズMegaBOLT、次世代シーケンシング(NGS)処理の実験室管理用ZLIMSソフトウエアシステムも紹介した。

Photo - リンク
(写真説明:遺伝子シーケンサーのMGISEQ-2000)

MGIはJ.P. Morgan Healthcare Conferenceでまた、次世代シーケンシング(NGS)向けに、アンプリコン・ベースのターゲット濃縮およびライブラリー作成ソリューションのリーダーであるParagon Genomics社との世界的提携を発表した。MGIは米国を除く世界全地域で、MGIのシーケンシング・プラットフォームを利用するため、Paragon GenomicsのCleanPlex(登録)NGSパネルを販売する。Paragon Genomicsは米国とカナダで、MGIの自動化試料調整ワークステーションシステムを販売する。

▽MGIについて
BGI Groupの子会社であるMGI Tech Co., Ltd.(MGI)は、すべての人に効果的で安価な医療ソリューションを提供することにコミットしている。MGIはその特許技術に依拠して、ライフサイエンス研究、薬物療法、医療を支援するシーケンシング装置、医療器機、消耗品、試薬を製造している。MGIのマルチオミックス・プラットフォームは、遺伝子シーケンシング、質量分析、医用画像が含まれる。同社の使命は、リアルタイムで包括的、終身的なソリューションを提供して、未来の医療のための最先端ライフサイエンス目的のツールを開発、世界に広めることである。

▽BGI Groupについて
BGIは人類に有用なゲノミクスの利用を目指して1999年に創設され、世界の最大手ゲノミクス企業の1つになった。BGIは医療、製薬、保全および環境分野の研究とアプリケーション開発に注力して、2130以上の出版物を生み出した革新的で高度の研究に実証済みの実績を持っている。BGIの目標は、BGI自身のシーケンシング・プラットフォーム、規模の経済、専門家によるバイオインフォーマティクス・リソースを含めて、業界の最も広範な一流技術を統合することによって、世界の研究コミュニティーと臨床市場で最先端のゲノミクスを大いに利用してもらうことを目指している。BGIはまた、主要な各疾患で画期的な遺伝子検査商品の広範なポートフォリオを提供し、世界中の医療提供者や患者にゲノミクスベースの診断法と個別医療の有望さを実感させている。

▽メディア問い合わせ先
Kristi Heim
BGI Deputy Director of Communications
+1 206-778-7411
kheim@genomics.cn

ソース:MGI

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]