logo

【導入レポート】株式会社ヴェレダ・ジャパン様、「AdScale」でCV17.76%アップ、CPA38.48%改善

アドフレックス・コミュニケーションズ 2019年01月08日 18時40分
From PR TIMES

リスティング広告自動最適化サービス「Adscale(アドスケール)」※のサービスを導入した株式会社ヴェレダ・ジャパン様にて導入後3.5ヵ月経過後、CV17.76%アップ、CPA-38.48%の改善が見られました。(導入後30日間で比較)



※「AdScale(アドスケール)」とは
AdScaleBV(本社:オランダ、アイントホーフェン、CEO:ディーデリック・クラッセン、以下AdScale社)が開発した、リスティング広告自動最適化サービス。日本国内におけるサービス提供は、SOPHOLA株式会社(本社:長野県長野市、代表取締役:飯野正紀、以下SOPHOLA)が戦略的業務提携を締結。株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役:桑畑治彦、以下アドフレックス)は、 SOPHOLAのサービス開発パートナーとして、日本では独占でサービス提供しています。
リンク


[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

                   <計測期間:2018/8/15~2018/11/30>

AdScaleを導入後、1ヵ月程度で学習成果が出始め、学習期間後2.5ヵ月で特にCPAの改善について成果がありました。

今までは設定・分析に時間のかかっていた非指名系ワードについても、機械学習がすすんできましたので、さらに採算の改善が予想されます。

【成果のポイント】


指名系ワードにおいて、予想以上の改善があった。
予算最適化:特に複数施策が同時に実施されているときの、キャンペーン予算の最適化がスムーズ(最大1日4回最適化を実施)。

今後、さらに機械学習をすすめ予算を最適化していきながら、キャンペーン時期に合わせたチューニングなどで売上貢献をしていきます。


------
アドフレックスでは、昨年、ご好評をいただきましたGoogle広告におけるAI活用セミナーを大阪にて開催いたします(2/8(金)インターコンチネンタルホテル大阪)。

WEB広告の運用に携わっているマーケティング部や経営企画部のご担当者を対象に、Google広告をより有効活用し、採算の改善と事業を拡大させていくために、押さえておくべき主要なトピックスや活用例、最新の動向を解説いたします。

デジタル広告をフックにさらなる事業拡大を考えている企業のみなさま、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

Google広告におけるAI活用セミナーの詳細はこちらから>>
リンク

AdScaleの詳細はこちらから>>
リンク

株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ>>
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]