logo

日本初「ロボット倉庫マッチング」ロボット導入物流施設の紹介サービスを開始

株式会社フジテックス 2019年01月04日 12時40分
From PR TIMES

人手不足問題を抱える荷主様へ省人化ロボット導入した物流会社を紹介する新サービス

株式会社フジテックス(本社:東京都新宿区、社長:大越卓)は、物流業界向けに人手不足問題を抱える荷主と、ロボットが導入された物流施設をマッチング。人手不足の課題を解決する最適な物流会社を紹介する日本初のサービス「ロボット倉庫マッチング」を開始しました。
リンク




[画像1: リンク ]



なぜ物流施設にロボットが必要なのか

労働人口減少の課題と現状
日本の労働人口は毎年1%もの減少傾向にあり、1日あたり2200人も労働人口が減っている計算になります。ドライバー職の人手不足は特に深刻な状況です。厚生労働省のデータによると、2018年で2月の有効求人倍率は3.06倍。地域によっては4.82倍(2018年9月)という厳しい状況です。


ロボット倉庫を利用するメリット


人手不足を気にする必要がなくなる
出荷数量を増やすことができる。
教育時間の削減
ロボット化により、ピッキング・棚入れ・棚卸作業が標準化されるため、教育時間の削減に繋がる。
コストの見える化
ロボ化により、ピッキング・棚入れ・棚卸の生産性が具体的な数字で分かる為コストの見える化が可能になる。



ピッキング効率3倍~5倍による出荷数量・生産性の向上。
※ピッキングとは…保管場所にある商品や、一時的に置かれた商品を出荷場所へ集める作業のこと。
[画像2: リンク ]




 ロボット導入には多額の投資が必要

ロボットを導入するには、企業としての明確な成長戦略と、多額の投資という事実があり、導入決定に踏み切るには時間も体力も必要です。また、ロボット導入の前例も少ない為、失敗も恐れない勇気が必要になるでしょう。
 

ロボットが導入された物流倉庫に業務委託をしませんか?

やはり自社での導入は難しい。けれど、このままでは人は減っていく一方・・・
そのような場合は、ロボットを導入した倉庫への物流業務委託をしませんか?ロボット導入をされた物流会社のマッチングをいたします。

▼『ロボット倉庫マッチング』WEBページ
リンク



株式会社フジテックスについて

社名:株式会社フジテックス
東京本社:〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー 13F
創業:昭和53年8月
資本金:3億円
従業員数:102名
代表者:代表取締役 大越卓

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]