logo

転職ドラフト結果報告レポート2018 ー 2018年のプログラミング言語別の市場人気や年収の集計結果 ー

株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一)が運営するITエンジニア限定の競争入札型の転職サイト「転職ドラフト」は、2018年のプログラミング言語別の市場人気や年収の集計結果として、「転職ドラフト結果報告レポート2018」(指名(スカウト)時の提示年収、指名数の集計)を発表しました。





[画像1: リンク ]

このレポートは、2018年に開催された第10~15回の転職ドラフトで送られた、実際の指名(スカウト)、6536件を対象に、今現場で使われているプログラミング言語の経験者人数、また指名(スカウト)に対する提示年収についての平均値を集計したものです。

■ プログラミング言語と指名数
[画像2: リンク ]

2018年の転職ドラフトにおいては、JavaScriptが開発者がもっとも現場で使用しているプログラミング言語となっており、2番目がJava。
そして次の3位にPHP。4位以降はRuby、Node.js、Pythonと続いています。※1、※2

1位の「JavaScript」は、ウェブブラウザ上で動作し動的なウェブサイト構築やリッチインターネットアプリケーションの開発に用いられるプログラミング言語です。
また、2010年以降はnode.jsなどのサーバサイドJavaScript実行環境や各種ライブラリの充実により、Web開発の全ての領域で活用されるようになってきています。※3

■ プログラミング言語と指名金額
[画像3: リンク ]

Scalaがトップで678万円、続いてGoが667万円、そしてPerlが663万円という3位までの結果になりました。
4位以下は、C、C++、Pythonと続いています。

1位の「Scala」は、「開発生産性を高める簡潔な表記が可能である。」「Javaの豊富なライブラリが使える」などが代表的な特徴で、Javaプラットフォーム(Java仮想マシン)上でも動作し、既存のJavaのプログラムと容易に連携させることができます。※4
TwitterやLinkedInでも利用されていることがよく知られています。

ScalaやGoともに、現場の需要に対してそれぞれの言語を扱える人材が少ないといわれており、年収も高まる傾向にあるようです。

※1 本記事の調査の結果や画像を引用する際は【競争入札型転職サービス「転職ドラフト」調べ】とご記載ください。
※2 10位以下のより詳しいランキングはこちら(リンク)。
※3 Wikipedia(リンク)より引用
※4 Wikipedia(リンク)より引用

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]