logo

ブラザーのレーザーマーカー、LM-3200Fをオートモーティブ ワールドに出品

ブラザー工業は、同社初となるファイバーレーザー※1を光源としたレーザーマーカー「LM-3200F」を今年7月に発売した。来年1月16日から始まる第11回オートモーティブ ワールドでは、印字サンプル品の展示や新製品の加工デモンストレーションに加え、個別商談も行われる。オートモーティブ ワールドは、自動車業界における最新技術が一堂に集う世界最大規模の展示会。自動車部品業界に向けた最適なソリューションが提案されるブラザーブースへ足を運んでみてはいかがだろうか?



<展示会情報>
名称:第11回オートモーティブ ワールド
リンク
日時:2019年1月16日(水)~18日(金)10:00~18:00(18日のみ17:00まで)
場所:東京ビッグサイト 東7ホール E65-40

※レーザーマーカー製品ページ
リンク

■オートモーティブ ワールドで展示される製品
1. 新製品:LM-3200F

[画像1: リンク ]

最大出力20ワット※2で、鉄やアルミなど素材に合わせ深彫りも浅彫りもできる。自動車のエンジン部分や車体などに使われる鋳物部品にも高速印字が可能。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

2. LM-2550


[画像4: リンク ]

出力5ワットで高精細な印字が可能なYAG※1レーザーマーカー。ヘッドとコントローラーが一体化しているため、狭いラインでも設置しやすいコンパクトモデル。


※1・・・レーザーの種類の1つ
※2・・・発振器の出力


<お客様 お問い合わせ先>
ブラザー工業株式会社 産業用印刷準事業 産業システム営業推進部 泉
TEL:052-824-4195
FAX:052-824-4196
E-mail: lm-contact@brother.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]