logo

エフセキュア、統合型ゲートウェイセキュリティソリューション「F-Secure ThreatShield」を発売

エフセキュア 2018年12月11日 13時40分
From PR TIMES

迫りくる高度な脅威に対抗する、中小・中堅企業向けクラウド型サンドボックス搭載統合型ゲートウェイ対策製品

サイバーセキュリティのリーディングプロバイダー、エフセキュア株式会社(本社: 東京都港区、リージョナルディレクターアジアパシフィック:キース・マーティン)は、F-Secure アンチウイルスLinuxゲートウェイの後継製品、統合型ゲートウェイセキュリティソリューション「F-Secure ThreatShield(通常版)/TheatShield Premium」(以下ThreatShield)の2製品を12月11日より販売開始します。



ThreatShieldは、EメールとWebトラフィックを保護する、ゲートウェイレベルの統合型セキュリティソリューション製品で、 スパム、ランサムウェア、フィッシングや、高度な標的型攻撃から企業を保護します。企業内の1台のサーバに導入することで、エフセキュアのセキュリティプラットフォームF-Secure Cloud Securityとクラウド型サンドボックステクノロジーが緊密に連携し、高度なセキュリティ脅威に対して容易に対策および管理を行う事ができます。

ThreatShieldは従来のウイルス対策、ブラウザ保護やスパムフィルタリングをはるかに超える、ゲートウェイレベルで強力かつ効率的な企業の保護を提供します。オールインワン設計で、ウイルス対策、スパム対策、フィッシング対策、URLフィルタリング、HTTPスキャンテクノロジーにより、外部からの攻撃だけでなく、内部からの情報漏えい対策もひとつの製品で行うことができます。また、本製品では新しくHTTPSのスキャンテクノロジー機能を搭載し、クラウド型サンドボックスとの連携を図ることで、進化を遂げている最新のセキュリティ脅威にも対応が可能です。


[画像1: リンク ]

◆オールインワンゲートウェイセキュリティ対策


ThreatShieldはEメールおよびWebトラフィックを保護する統合型セキュリティソリューションのため、1台のサーバでセキュリティ管理を実現し、インフラコストの削減が可能です。
クラウド型のサンドボックスの提供のため、追加ハードウェアを購入する必要はありません。また、セキュリティ管理の一元化に加え、本製品自体も自動で最新版に更新されるため、IT部門/管理者の負担を軽減します。

◆HTTPH /HTTPSスキャンテクノロジー


ThreatShieldに搭載されるWebトラフィックスキャンエンジンにより、HTTPだけでなくHTTPS接続の暗号化通信も検査することができます。
このテクノロジーにより、安全に見えるHTTPSページから悪意のあるコンテンツをダウンロードした場合でも、リアルタイムにブロックします。また、より高度なマルウェア(例:メモリのみ使用する亜種)へのセキュリティ対策が可能です。

◆Advance Threat Detection (クラウド型サンドボックス*)


Advanced Threat Detectionテクノロジーは3つのテクノロジーを駆使したエフセキュア独自のクラウド型サンドボックスです。
悪意のあるオブジェクトに対し、「脅威インテリジェンスチェック」にて、エフセキュアのセキュリティ基盤「Security Cloud」上の最新のインターネット脅威情報を照合し、脅威を未然にブロックします。
「静的メタデータ分析」と「動的ふるまい分析」機能を効果的に組み合わせることで、カスタマイズされた最新のマルウェア、スクリプト、標的型攻撃等の高度な脅威に迅速に対応することが可能です。

*クラウド型サンドボックスはThreatShield Premiumにて提供致します。

◆「F-Secure TheatShield(標準版)/ThreatShield Premium」の機能比較
[画像2: リンク ]



◆「F-Secure TheatShield(標準版)/ThreatShield Premium」の販売について


提供開始:2018年12月11日

提供形態:ソフトウェア

販売経路:弊社販売パートナー経由

◆「F-Secure TheatShield(標準版)/ThreatShield Premium」のシステム要件について


CPU:x86_64(2GHz以上推奨)
メモリ:4GBMB以上必須
ディスク:5GB以上必須(20GB以上推奨)
対応OS:

CentOS 7.2 - 7.5
RHEL 7.2 - 7.5
Debian 9.2 - 9.4
Ubuntu 16.04.4



■ エフセキュアについて


リンク


エフセキュアほどサイバー・セキュリティを熟知している企業は市場に存在しません。30年間にわたり、エフセキュアはサイバー・セキュリティの技術革新を牽引し、数千社の企業と数百万人のユーザーを守ってき ました。エンドポイントの保護と脅威の検出・対応において他企業を圧倒する実績を持つエフセキュアは、 巧妙なサイバー攻撃やデータ侵害からランサムウェアの感染の蔓延までを含むあらゆる脅威から企業と 個人ユーザーを保護します。エフセキュアの先進テクノロジーは、機械学習のパワーとLive Securityと呼ばれる独自の手法で世界トップのセキュリティ研究を実施する人間の能力を結集したものです。エフセキュアのセキュリティの専門家はどの同業他社よりも数多くのヨーロッパにおけるサイバー犯罪の研究に関与 し、当社の製品は200社以上のブロードバンド事業者とモバイル事業者に加え数千社のリセラーが購入しています。
エフセキュアは1988年に設立され、NASDAQ OMX Helsinki Ltdに上場しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]