logo

内閣府が啓発する11月18日(日)【家族の日】に向けて、写真や動画など家族の大切な思い出の定期的バックアップを提唱

「写真や動画のデータバックアップ」に関するインターネット調査

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長 浜田尚則、以下、アイ・オー・データ)は、お子様をお持ちの保護者を対象に、家族の大切な思い出である「写真や動画のデータバックアップ」をテーマにインターネット調査を実施しました。



[画像1: リンク ]




株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長 浜田尚則、以下、アイ・オー・データ)は、お子様をお持ちの保護者を対象に、家族の大切な思い出である「写真や動画のデータバックアップ」をテーマにインターネット調査を実施しました。

[画像2: リンク ]

1位は大容量で記録容量単価の安いUSBハードディスク。2位はクラウドサービス、3位がDVD/ブルーレイディスクでした。

[画像3: リンク ]

32.7%の337人が、思い出をなくしたことがあると回答。またその主な原因は機器の故障によるものでした。
--------------------------------------------------------------------------------------
アイ・オー・データは、内閣府が「子どもを家族が育み、家族を地域社会が支えることの大切さ」について認知・啓発している 11 月 18 日の「家族の日」に向けて、改めて「写真や動画のデータバックアップ」の重要性を提唱いたします。
「写真や動画のデータバックアップ」には、定期的なバックアップと複数機器へのアックアップが不可欠です。万が一の機器の故障、機器の紛失に備え、バックアップを習慣化するだけでなく、お客様の利用用途に応じて複数機器へバックアップすることをお勧めします。
質問1でバックアップをしていると回答した584人の内、311人(53%)が、バックアップ先は1箇所のみと回答しています。機器には、大容量、共有・配布、手軽さなど、それぞれ特徴がありますので、必要に応じ複数箇所に2重バックアップすることで、家族の大切な思い出を無くすという不測の事態を、ほぼ回避することが可能になります。

[画像4: リンク ]


アイ・オー・データは、質問2のバックアップ先として上位に挙げられたUSBハードディスク、USBメモリー、メモリーカードをはじめ多くのデータを保存する商品を製造・販売しています。
その中でも「長期保存」という目的で、米国Millenniata社が開発した耐久性を高めデータの生涯保存を可能にしたDVD/ブルーレイディスク「M-DISC」が注目を集めています。そこでアイ・オー・データは、三菱ケミカルメディア社製の「M-DISC」および、「M-DISC」対応のパソコン用ドライブをラインアップし、「大切な家族の思い出を末永く守りたい」という「長期保存」のニーズにお応えします。

▼「M-DISC」について
リンク
[画像5: リンク ]



■「家族の日」 「家族の週間」について


内閣府では「子どもを家族が育み、家族を地域社会が支えることの大切さ」について理解を深めてもらうために、平成 19 年度から11 月第 3 日曜日を「家族の日」、その前後各1週間を「家族の週間」と定め、この期間を中心として理解促進を図っています。

[画像6: リンク ]



家族の日 : 平成30年11月18日(日)
家族の週間 :平成30年11月11日(日)~24日(土)
出典:内閣府「家族の日」「家族の週間」ホームページ
リンク


【調査概要】
調査主体 : 株式会社マクロミル
調査方法 : インターネットリサーチ
調査対象 : 全国のお子様をお持ちの保護者 1031人
調査期間 : 2018年08月28日(火) ~ 2018年08月29日(水)

--------------------------------------------------------------------------------------
※ 本リリースに記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
※ アイ・オー・データは、三菱ケミカルメディア商品(Verbatim)の国内総代理店です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]