logo

オックスフォード大学の名誉総長クリス・パッテン卿に青山学院大学名誉博士(国際政治学)の称号を授与

青山学院大学 2018年10月29日 20時05分 [ 青山学院大学のプレスリリース一覧 ]
From Digital PR Platform




青山学院大学は10月25日(木)にオックスフォード大学名誉総長のクリス・パッテン卿に名誉博士号(国際政治学)を授与した。式典後、「The 21st CENTURY-so far not so good」と題して講演会を行った。





10月25日(木)、青山キャンパス大学17号館6階 本多記念国際会議場に於いて、オックスフォード大学の名誉総長クリス・パッテン卿に青山学院大学名誉博士(国際政治学)の称号が授与された。
クリス・パッテン卿(1944~)は、イギリスを代表する秀逸な業績により、イギリスはもとより国際的に大変著名であり、特に三つの領域に於いて偉大な功績を立てられた。

これらの業績は下記の授与理由のとおり挙げられる。
・政財界において格別に広範囲で且つ多様な公務を歴任
・世界的に主要な問題を取り上げた多数の著書を執筆
・困難な時期に学術機関への一貫した支援を敢行

また、式典後は「The 21st CENTURY-so far not so good」と題して、講演会が行われた。





■クリス・パッテン卿
1986年~1990年  マーガレット・サッチャー政権下に於いて政府の要職に就く。
1990年~1992年  保守党幹事長を歴任。
1992年 最後の香港総督に就任し、1997年の中国返還に努める。 
1999年 欧州委員会の英国代表委員に任命され、2004年まで同委員会の外交専門部会委員として活躍。
2011年~2014年 BBCトラストの会長。
2003年 オックスフォード大学の名誉総長に就任。



【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]