logo

「国際ネットワーク最新事情:グローバル拠点間の通信は“遅くても仕方がない”のか?」、CDNetworksが新ホワイトペーパーを公開

CDNetworks 2018年10月18日 10時10分
From PR TIMES

今海外とのピーディなやり取りが求められる一方で国内外をつなぐネットワークは「遅い・時間がかかる」などの課題を抱えています。2018年9月にCDNetworksは「ハイスピード・データ・トランスミッション(HDT)」をリリースしました。これはグローバル拠点間のデータ転送高速化をリーズナブルかつ手軽に実現するための新たな選択肢です。そしてこの度HDTに関連したホワイトペーパーを公開しました。



[画像: リンク ]


グローバルCDNサービスプロバイダの株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(東京都新宿区、以下CDNetworks)は、先月発表したグローバル拠点間のあらゆる通信を高速化するサービス「ハイスピード・データ・トランスミッション(以下HDT)」に関連し、この度“国際ネットワークの最新事情”についてまとめた新しいホワイトペーパー(以下 本資料)を本日公開しました。

本レポートは、グローバル拠点間ネットワークの課題や、既存サービスやアプライアンス製品が抱えるハードルといった事情とともに、CDNetworksのHDTが実現するデータ転送高速化について、サービスの機能および内容をベースに、ユースケースとあわせて詳しく解説しています。

ホワイトペーパー:
「国際ネットワーク最新事情:グローバル拠点間の通信は”遅くても仕方がない”のか?」

目次(一部抜粋):
1. グローバル拠点間ネットワークの現状
2. 海外拠点とのデータ転送を高速化する新たな選択肢
3. 大容量ファイル転送からモバイル通信まで、4つのユースケース など

ホワイトペーパーダウンロード:
リンク

「ハイスピード・データ・トランスミッション」のサービス概要:
リンク

CDNetworksは、グローバル展開する日本企業の国内と海外をつなぐネットワークのデータ通信環境を向上するべく、引き続きサービスの品質向上と新技術適用に邁進し、最良のサービスをお客様に提供して参ります。

以上

About CDNetworks
CDNetworksは、CDN(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)プロバイダとして、グローバルリーチに優れ、豊富なキャパシティをベースに大規模に展開するCDNプラットフォームにおいて日々40,000以上のWebを高速化しています。また、CDNプラットフォームと統合されたクラウドベースのWebセキュリティサービスはあらゆるタイプの攻撃を検知・ブロックして企業のWebビジネスを保護し強固なセキュリティ基盤の構築をサポートしています。CDNetworksは独自開発の高い技術力と柔軟できめ細やかなサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界のお客様へサービスを提供しています。中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場においても自社拠点(PoP)によって企業のグローバルな配信をサポートしている、唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・英国、独国、そして米国にオフィスを構えています。詳細については、リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]