logo

“SUSHI カルローズ ニュースタイル”をホテルで提供、第6回「カルローズ」料理コンテスト2018の入賞・優秀賞2作品のメニュー化決定!

USAライス連合会 2018年10月16日 12時19分
From Digital PR Platform


リンク
USAライス連合会日本代表事務所(本部:米国バージニア州)主催による『第6回カルローズ料理コンテスト2018』の入賞・優秀賞の2作品が相次いで商品化されました。当コンテストの「レストラン部門」には152作品がエントリーされ、6作品が入賞いたしました。この6作品のうちの2メニューが実際にホテルのレストランで提供されます。カリフォルニアの中粒種のおコメ「カルローズ」を使用したニュースタイルのSUSHIをご堪能下さい。

宮古島東急ホテル&リゾーツ(沖縄県宮古島市) 洋食調理部 吉井 康博 氏考案
■「ワインビネガーのシートを纏った炙りサーモンのカルローズSUSHI」(レストラン部門 入賞作品)

カルローズのシャリにワインビネガーのシートをかぶせた炙りサーモンの寿司。マンゴーの甘み、ライムの爽やかな香りなど、それぞれの具材と軽い食感のカルローズとのバランスが絶妙。リンク

提供期間:2018年10月1日(月)~12月27日(木)
提供場所:「やえびし 鉄板焼き」 TEL 0980-76-2109
提供時間:17:30~22:00 (LO:21:00)
料  金:コース料金10,000円~ (税・サ込)
※コース料理のアミューズとして提供
 他に単品「入賞カルローズSUSHI」1,600円としても提供 (消費税・サービス料込み)
★宮古島東急ホテル&リゾーツ公式HP: リンク

サンシャインシティプリンスホテル(東京都豊島区) バイエルン調理 松山 柊也(しゅうや)氏考案
■「アサイーボウル風SUSHI」(レストラン部門 優秀賞受賞作品)

カルローズをアサイーとキヌアで合わせ、フランボワーズビネガーで酸味を付けたアサイーボウルに見立てた新感覚SUSHI。日本米では難しいフルーツとの組み合わせが実現したユニークな逸品。
リンク
提供期間:2018年10月16日(火)~11月30日(金)
販売場所:「カフェ&ダイニング Chef's Palette」 TEL 03-5954-2254
提供時間:平日のランチタイム11:00~14:00
料  金:1,364円(消費税込み・サービス料別)
※サラダバー、スープバー付。1日10食限定
★サンシャインプリンスホテル公式HP: リンク

※写真はコンテスト入賞時のものです。

――――――――――――――――――――――――
『第6回カルローズ料理コンテスト2018』についてリンク
――――――――――――――――――――――――
”SUSHI カルローズ ニュースタイル”のテーマで実施した今年のコンテストには、プロを対象とした「レストラン部門」と「デリ部門」、プロを目指す「学生部門」の3部門に応募総数592の作品が集まりました。
日本の伝統食「寿司」が海外でも親しまれる“SUSHI”に進化している中、「カルローズ」の軽い食感とビネガーやオイルとの相性の良さを活かした独創的なSUSHIメニューが揃いました。

コンテストの詳細と入賞作品のレシピは下記USAライス連合会のHPで公開しています。
リンク

―――――――――――
【カルローズについて】
―――――――――――リンク
短粒種に比べて長くて大きい、ジャポニカ系のおコメで、カリフォルニア州で最も多く栽培されています。
「カルローズ」とは、カリフォルニアのバラという意味の名前を持つ、カリフォルニア州オリジナルの中粒種です。日本のおコメである短粒種とタイ米等で知られる長粒種の中間にあたり、双方の優れた点を持ち合わせ、軽い食感とアルデンテとも言える歯ごたえが特長です。
アメリカをはじめ海外では、ヘルシーなライスメニューという位置づけで、サラダやスープなどに利用されてきました。カリフォルニア州の米生産量の約90%を占め、40カ国以上に輸出されています。世界でも良く知られたおコメで、アジア料理から地中海料理、西欧料理まで、幅広い料理に活用されています。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]