logo

ファーウェイが高速フルライフサイクルAI開発プラットフォームをリリース

ファーウェイ 2018年10月15日 15時40分
From 共同通信PRワイヤー

ファーウェイが高速フルライフサイクルAI開発プラットフォームをリリース

AsiaNet 75718 (1867)

【上海2018年10月12日PR Newswire=共同通信JBN】ファーウェイ(Huawei、華為技術)はHUAWEI CONNECT 2018で、高速AI開発プラットフォームのModelArts、ビジョンAIアプリケーション開発プラットフォームのHiLens、および量子コンピューティング・ソフトウエア・クラウドサービスプラットフォームのHiQをリリースした。

AI開発は非効率で時間がかかる、そして、AIリソース、特にはコンピューティング能力は十分でなくかつ高価である。ファーウェイは今回新たにリリースした製品を通じて、開発者とのAI産業開発を加速しようと努力している。

▽ModelArts-高速でより包括的なAI開発プラットフォーム

ModelArtsは、データラベリング・準備、モデルトレーニング、最適化、および展開を含む、高速でより包括的なワンストップAI開発プラットフォームである。これはエンドツーエンドのAIアプリケーション開発を実現する。

ファーウェイ副社長でファーウェイのCloud BU社長の鄭葉来氏は「ModelArtsはそこにあるいかなるAI開発プラットフォームより高速で包括的である。われわれは、AI開発者が(ModelArtsが)どれほど迅速に始動し、トレーニングを完了し、モデルを展開するかを評価してくれると考えている」と語った。

Photo - リンク
(写真説明:ModelArts発表イベントでのファーウェイ副社長でファーウェイのCloud BU社長の鄭葉来氏)

AI開発においてデータラベリング・準備には時間がかかり、必要とされる時間の約50%を占めている。ModelArtsはAI開発の間、データラベリング・準備のためのビルトイン・データガバナンス・フレームワークを備えている。このフレームワークは、手作業でラベリングする必要があるデータの量を減らすための反復トレーニングを実装しており、データラベリング・準備の効率を100倍向上させる。

そのうえModelArtsは複数の最適化テクノロジー、特にカスケードハイブリッドパラレルを統合し、特定のモデル、データセット、一連のハードウエアリソースに必要なトレーニング期間を半分に短縮する。

AIモデル展開は複雑である。ModelArtsを使用すると、トレーニングモデルをワンクリックでデバイス、エッジ、クラウドにプッシュできる。オンラインおよびバッチインフェレンスジョブはクラウド上で提供され、同時展開または分散展開など、さまざまなアプリケーション要件を満たす。

AI開発を加速するための自動学習、モデル設計、パラメータ調整など、さまざまなAI技術もModelArtsに組み込まれている。

AI開発ライフサイクルの管理に関し、ModelArtsは生データ収集、データラベリング、訓練ジョブ作成、アルゴリズム選択、モデル作成、インフェレンスサービス作成をカバーしている。

ModelArtsはAI開発者がAIデータ、モデル、APIをシェアすることを可能にする。

▽HiLens-ビジョンAIアプリケーション開発プラットフォーム

HUAWEI CONNECT 2018でのファーウェイの2番目に大きなリリースはHiLensだった。

HiLensはビジョンAIアプリケーション開発プラットフォームならびにAI機能で強化されたビジュアルデバイスで構成される。HiLensは、AI開発の新たなコンセプトであるSkillを特長とする。Skillは、制御コードとModelArtsで訓練されたモデルで構成されている。HiLensは、他の主要フレームワークによって訓練されたモデルとも互換性がある。HiLensで開発されたスキルは、Ascend AIチップを統合したあらゆるデバイスに展開することができる。

このHiLensビジュアルデバイスはインファレンスをサポートするスマートカメラである。開発者はこのHiLensデバイスを使用してデバイスやクラウドに展開できるビジョンアプリケーションを開発することができる。HiLensビジュアルデバイスは、毎秒100フレームを処理し、ミリ秒単位で顔を検出できるAscend 310チップを内蔵している。さらに、ビルトインの軽量コンテナは、リソースの使用状況やネットワーク帯域幅の使用を最小限に抑え、迅速にダウンロードして開始することができる。

▽HiQ-未来志向の量子コンピューティング・シミュレーター兼プログラミング・フレームワーク

ファーウェイの量子分野の探求は、開発者に優れたコンピュートパワーと新しいアルゴリズムを提供する量子コンピューティング・ソフトウエア・クラウドサービスプラットフォームで終了した。

量子コンピューティング・シミュレーターとプログラミング・フレームワークで構築されたHiQは完全振幅シミュレーターおよび単振幅シミュレーターを特長としている。量子エラー修正は初めて統合され、数万の量子ビットのシミュレーションでエラー修正を実現する。HiQはまた、単純化されたハイブリッドな古典的量子プログラミングとBlock User Interface(BlockUI)を組み込んでいる。

Huawei CloudはModelArts、HiLens、HiQにより、開発者とインテリジェントな世界を探索し、数百の業界におけるAIの実装を加速し、手頃で効果的で信頼性の高い包括的なAIプラットフォームを提供することを楽しみにしている。

▽ファーウェイについて
ファーウェイは世界的な情報通信テクノロジー(ICT)ソリューションのプロバイダーである。

詳細な情報はwww.huawei.com を参照。

ソース:Huawei


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]