logo

耳の裏から全身で聴く!Made in Japanテクノロジーの結晶世界初、イヤーフック型骨伝導イヤホン『earsopen(R)』‘脳が震える’革新的サウンド

BoCo株式会社 2018年10月05日 14時40分
From PR TIMES

クラウドファンディング第二弾プロジェクトがスタート!

骨伝導技術を活用したデバイスメーカー、BoCo株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:謝端明)は、10月5日よりCCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」にて、鼓膜を使わずに音を聴く新世代骨伝導イヤホンシリーズ「earsopen(R)」の最高峰機種となる「フックタイプ」(WR-5A HK-1002)プロジェクトを掲載開始いたしました。
プロジェクトページ:リンク





[画像1: リンク ]

[動画: リンク ]



【概要】
1年半前にスタートし、クラウドファンディングで累計1億円以上の支援額を集めた、世界最小の骨伝導イヤホンearsopen(R)(イヤーズオープン)。
今回新たな発想とさらなる改良を重ね、「フックタイプ」(WR-5 HK-1002)と小型高出力アンプ(WPA-1)との組み合わせにより、耳の裏から全身に音楽が響きわたる“ハプティックサウンド”を実現。装着感もさらに改良を加え、より長時間にわたって音楽を楽しめるようになりました。

【詳細】
earsopen(R) は骨を通じて音を聴くことで、耳をふさがない(鼓膜を使わない)骨伝導イヤホンです。
BoCo社では、自社の誇る最先端の骨伝導(bone conduction)技術と独自の音声制御技術を融合することで、業界最高の音質を実現。耳をふさぐことなく音楽が楽しめるリスニングツールを開発したい、その強い思いから、高音質で安心・安全なイヤホンを皆様にお届けするために長年研究を重ね、開発に至りました。
[画像2: リンク ]


【WR-5A HK-1002の主な特長】
「フックタイプ」(WR-5A HK-1002)はより安全で音楽と一体となったリアルな感覚を味わえるプロダクトです。
[画像3: リンク ]



特徴1:『耳の後ろで聴く』新しいリスニングスタイル
ランニング中もしっかりとホールドされ、付けていることを忘れる装着感と、耳の裏から全身に響き渡るサウンドを楽しめます。 耳の大きさや装着感に合わせ、フックはSサイズ・Lサイズから選べます。

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

特徴2:耳の後ろで聞くから鼓膜への負担を大幅に軽減。
WR-5 HK-1002は、耳の後ろから骨を通じて聴覚神経に直接音が伝わり聞こえるよう設計されています。このため鼓膜に大きな負担を与えることなく最高のリスニングを実現します。
[画像6: リンク ]

特徴3:コンパクトな小型高出力アンプ付属でよりパワフルでより高音質
付属の小型高出力アンプ「WPA-1」と接続してよりパワフルで高音質な音楽を手軽に楽しむことができます。頭の中全体に音が広がるような新しいサウンドを気軽に体験できます。
[画像7: リンク ]


earsopne(R) WR-5A HK-1002 仕様一覧

earsopne(R) WR-5A HK-1002
●サイズ:約55mm×50mm×14mm(コード含まず)
●重量:約5g(コード含まず)
●カラー:ブラック、ホワイト×ブラック
●接続方法:直径3.5mm 4極ステレオミニプラグ
●骨伝導デバイス外径:直径10mm
●骨伝導デバイス周波数特性:4Hz~40,000Hz
●インピーダンス:8Ω
●コード:約110cm
●材質:ポリカーボネイト・ゴム

小型高出力アンプ WPA-1
●サイズ:約18mm×59mm×15mm(コード含まず)
●重量:約12g(コード含まず)
●カラー:ブラック
●接続方法:直径3.5mm 4極ステレオミニプラグステレオミニプラグ
●コード:約6cm
●材質:ABS・ゴム
●電源:4.2V充電式リチウムイオン電池
●充電時間:約1.5時間
●電池持続時間:約6時間
●充電方法:マイクロUSBケーブル

●同梱品(数量)
・保証書、取扱説明書(1)
・フック Sサイズ(2)、Lサイズ(2)
・キャリングポーチ(1)


●BoCo株式会社
BoCo株式会社は製品の基礎特許を有するゴールデンダンス社の技術を使い、SONYオーディオ事業部で開発・設計を行っていた音への強いこだわりを持ったメンバーが中心となって商品を開発しています。代表取締役をはじめ、異なる経験豊かな人材が集まり、今まで世の中にないものを日本で開発・製造することを目指し、骨伝導イヤホンを商品化いたしました。日本国内を代表できるトップクラスの高い技術を持つ会社として、経済産業省 「飛躍Next Enterpriseプロジェクト」「内閣府オープンイノベーションチャレンジ2017」に採択されました。

●GREEN FUNDING
CCC(TSUTAYA)グループの株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト。全国約1,500店舗のエンタテインメントストア「TSUTAYA」や「蔦屋書店」と連携し、ガジェット・雑貨・映画・出版・音楽など様々なジャンルのプロジェクトを掲載。現在40のパートナーと共に、840を超えるプロジェクトに総計13億円以上の資金調達をサポートしています。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]