logo

10/4世界動物の日に、世界中の動物たちが自撮り写真で警告開始!? 「#ANIMAL_SELFIE」キャンペーンがスタート

WWFジャパン 2018年10月04日 11時40分
From PR TIMES

動物たちのいま置かれている現状を、動物自ら「セルフィー」で写真を上げ、声を挙げる

1.動物たち自らが、生育環境について「インスタ映え」する自撮り写真で発信
2.世界初、インスタグラムのショッピング機能を活用したかんたん寄付システム
3.寄付者限定のオリジナル支援ステッカーセットで意志表明を



 WWF ジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン 事務局:東京都港区)は、10月4日の世界動物の日(World Animal Day)より、動物たちが「自撮り」で、自らinstagramに写真を上げ、いま置かれている状況について声を挙げていく「#ANIMAL_SELFIE(アニマルセルフィー)」キャンペーンを実施します。
[画像1: リンク ]

#ANIMAL_SELFIE 特設サイトURL:animal-selfie.jp
特設Instagramアカウント:animal_selfie_official

#ANIMAL_SELFIEは、動物たちのセルフィーを通して、地球環境問題をもっと身近に、簡単に。野生生物の住まいや今置かれている厳しい現状について、学び・支援できる、新しい支援の形です。是非一度、特設サイトを訪れて頂き、本活動の周知啓蒙へのご協力をお願いいたします。

****************************
#ANIMAL_SELFIEのポイント1.
1.動物たち自らが、生育環境について「インスタ映え」する自撮り写真で発信

世界中に点在する32種の動物たちが、自らの置かれた現状をセルフィーで投稿していきます。今まで見たことのない動物たちのユニークな自撮りアングルと、背景に立ち現れた各生息地域ならではの問題にご注目ください。
[画像2: リンク ]

#ANIMAL_SELFIEのポイント2.
2.世界初、インスタグラムのショッピング機能を活用したかんたん寄付システム

インスタグラムのSHOP NOW機能とは、2018年6月から日本でも解禁された、インスタグラムからECに直接リンクし、そのまま買い物を可能にする機能です。動物たちのセルフィーを見て彼らの置かれた状況を知った人々が、そのままスムーズに寄付できる新しい支援の形を実現しました。
[画像3: リンク ]

#ANIMAL_SELFIEのポイント3.
3.寄付者限定のオリジナル支援ステッカーセットで意志表明を。
[画像4: リンク ]


購入金額の一部が支援になる、オリジナル支援ステッカーをご用意。これを貼ることで、周囲に向けての意志表明が可能に。頂いたご支援はWWFの環境保全活動資金として、地球と動物たちのためにフル活用させていただきます。
・WWF ロゴステッカー 2枚
・#ANIMAL_SELFIE ステッカー 1枚
 ¥1,000(税込み・送料込み)
 サイズ:幅70mm×️高さ100mm
     幅200mm×️高さ43mm

【コンセプト】
地球環境問題。
とっても深刻な問題とわかっていても、
ここ日本では、なかなか身近に感じない。
大きな話でよくわからない。というのが実際のところ。

そこで、動物たちが立ち上がりました。

ANIMAL SELFIE。
それは、動物たちのいま置かれている現状を
「セルフィー」というかたちで
自らinstagramに写真を上げ、声を挙げるプロジェクト。

世界中のANIMAL SELFIEから、
環境問題に触れて、知って、シェアして。
さらに、動物たちのセルフィー画像から
オリジナルステッカーを買って、貼って、意志表明。
購入金額の一部が支援になるから、
毎日の暮らしの中で、誰でも気軽に、簡単に。
地球環境の保護活動を支援できるんです。

もしも、わが家が誰かに壊されてしまったら。
もしも、家族と離れ離れになってしまったら。
もしも、いまの幸せを脅かされてしまったら。

ANIMAL SELFIEを通して、
あなたはどんなメッセージを受けとりましたか?
[画像5: リンク ]



【支援金について】
#ANIMAL_SELFIEの「支援ステッカー」を通してお寄せいただいた支援金は、野生動物の保護活動や環境保全活動に充てられます。


【WWFについて】
WWF は、人と自然が調和して生きられる未来を目指し、100ケ国以上で活動している地球環境保全団体です。
1961 年にスイスで設立されました。現在は、「世界の生物多様性を守る」「環境汚染と浪費的な消費を削減する」「再生可能な資源の持続的な利用を促進する」という3つの使命を掲げ、21 世紀を「環境の世紀」にすべく、全力を尽くしています。
そのための活動はすべて、WWF サポーターである皆さまひとりひとりの応援によって支えられています。
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]