logo

ジョリーグッド、製鉄所の大迫力な仕事体験VRをシンニチロ社と開発! 溶接と設備補修作業を360度で体験できる「シンニチロVR」

株式会社ジョリーグッド 2018年10月02日 15時40分
From PR TIMES

 株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)は、製鉄所の保守管理修繕などを手掛ける株式会社シンニチロ(岡山県岡山市、代表取締役社長:奥山順一、以下 シンニチロ)と共同で、製鉄所の仕事体験VRコンテンツ「シンニチロVR」を制作開発しました。
 シンニチロVRでは、製鉄所での溶接など大迫力の作業場の様子や職人の技を、360度の高精細VRでリアルに体験することができます。シンニチロは今後、求職者向け会社説明会でシンニチロVRの体験会を行い、求職者が就業する前に製鉄業を支える仕事の魅力を提供することで、就業後のミスマッチを防ぎます。



[画像1: リンク ]



■採用難の今、企業にとって応募率や終業後のミスマッチは大きな課題
 求人情報サイト「バイトル」が実施したアンケートから、「仕事内容」や「職場環境・人間関係」などが応募率を下げる原因となっていることがわかっています。
[画像2: リンク ]

■見学が困難な工場などにおいて、仕事体験VRならどこからでも擬似体験可能!
 調査アンケートから、求職者の約7割が事前の職場見学などに興味をもっていることがわかりました。また約8割の求職者が「就業につながり易くなり、ミスマッチが防げる」と答えた一方で、交通費がかかる職場や特別な準備が必要な工場、情報漏洩や衛生面などから見学が困難な職場においても、職場体験や見学を利用したいとの要望が多くの企業、求職者から寄せられました。
 シンニチロは、これらのニーズに応えるため、製鉄所の作業などを実際の現場に行くことなく擬似体験できる職場体験VRをいち早く導入。職場や仕事の魅力を伝えるだけではなく、就業後のミスマッチを防ぎます。

[画像3: リンク ]

■製鉄所のリアルな作業現場を360度で迫力の擬似体験「シンニチロVR」!
 鉄の原料であるコークスを作り出す“コークス炉”のメンテナンスや、高温になった鉄の原料が通る“溶銑樋(ようせんとい)”の補修を行っているシンニチロ。「シンニチロVR」のコンテンツでは、日々1200℃もの高温を保ち続けるコークス炉の修復作業やメンテナンス作業の様子を、擬似体験することができます。職人の高度な補修技術や、鋼鉄の切断・溶接など迫力の作業現場を、体験することができます。

■「シンニチロVR」コンテンツ紹介
 シンニチロVRでは、溶接所での切断・溶接といった迫力の修復作業を、プロダクションKISS&HUG所属アナウンサーの津内理沙(つうち りさ)さんがレポートします。
[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


■株式会社シンニチロについて
 シンニチロは、JFEスチール株式会社のパートナー企業として、製鉄所の保守・管理修理・運搬作業を行なっています。世界最大級の製鉄所JEFスチール西日本製鉄所内で、専門性の高い特殊な技術を提供しています。


■人材育成ソリューション「Guru Job VR」(グルジョブ・ブイアール)とは
 シンニチロVR」は、ジョリーグッドが提供する、VR×AI人材教育ソリューション「Guru Job VR」で制作・開発されています。
「Guru Job VR」は、これまで多くのテレビ局などに“プロフェッショナルVRソリューション”を提供してきたジョリーグッドが、高精細なVRテクノロジーと独自に開発した“VR内行動解析AIエンジン”により安価で高機能な“スマートVR研修”をワンストップで提供する、VR会社体験&人材研修ソリューションです。

Guru Job VR
リンク


[動画: リンク ]

[画像6: リンク ]


■株式会社ジョリーグッドについて
 ジョリーグッド(リンク)は、高精度な“プロフェッショナルVRソリューション”と、VR空間のユーザー行動を解析するAI エンジンなどを開発するテクノロジーカンパニーです。先端テクノロジーをギークやマニアだけでなく「地域の生活者や企業が活用できるテクノロジープラットフォーム」にデザインして、数多くの企業や自治体に提供しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]