logo

ハンツマンがん研究所がnanoScan 3 Tesla PET/MRIを米国で初めて導入

Mediso Medical Imaging Systems 2018年10月02日 09時31分
From 共同通信PRワイヤー

ハンツマンがん研究所がnanoScan 3 Tesla PET/MRIを米国で初めて導入

AsiaNet 75498 (1761)

【ソルトレークシティー、ボストン2018年10月2日PR Newswire=共同通信JBN】米ユタ州ソルトレークシティーにあるユタ大学ハンツマンがん研究所(リンク )(Huntsman Cancer Institute、HCI)の定量がんイメージングセンター(リンク )(The Center for Quantitative Cancer Imaging) は、米国で初めてnanoScan PET/MRI 3T(リンク )前臨床生体内イメージングシステムを導入した施設となった。nanoScan MRI 3Tの導入は、世界的には10例目である。

(Logo: リンク
(Logo: リンク
(Photo: リンク

2015年、HCIはがんのイメージング技術向上のため、nanoScan PET/MRI 1T(リンク)とnanoScan SPECT/CT(リンク )という4つのモダリティーを導入し、Mediso Ltd.とその系列会社Mediso USA(リンク )から、前臨床イメージングの卓越した研究拠点と呼ばれるようになった。3年の年月と多くの発見を経たHCIは現在、新しい小児・家族性がん研究センター内に専用動物実験施設と前臨床イメージング研究施設を開設するのを後押しするため、現行のシステムを3 Tesla無冷媒超伝導マグネットでアップグレードしている。同システムは、臨床3T磁界を介して小動物の生体内イメージング翻訳を可能にし、脳画像を含むより高い感度を必要とする検査に特に適している。

ハンツマンがん研究所・定量がんイメージングセンターの共同ディレクターであるジェフリー・ヤップ博士は「3 Tesla PET/MRIの導入で、広範なげっ歯動物の腫瘍モデルの、よりスループットの高いスクリーニングを実施することが可能になるだけでなく、新たながんの治療法を試す場合も、より高画質な画像で実施できるようになる」と語った。

Mediso USAのイレス・ミュラー・マネージングパートナーは「HCIの研究能力をさらに拡大し、定量マルチモダリティーイメージングを可能にできたことを喜ばしく思っている。nanoScan PET/MRI 3Tは、ユーザーにハイエンドPETと3T MRIの両方を提供する、市場で唯一の一体型全身PET/MRIだ。無冷媒設計というのは、同センターの運用コストが下がるということである」と語った。

▽Mediso USA, LLCについて
米マサチューセッツ州ボストンにあるMediso USAは、米国とカナダでMedisoの前臨床イメージング製品を販売し、ライフサイエンス研究向けにアプリケーション開発、技術サポートを提供している。詳細については、リンク を参照。

▽Mediso Ltd.について
Mediso Ltd.は、細胞核・分子イメージング分野を専門とし、マルチモダリティー生体内イメージングシステムの開発、製造、販売およびサービスに力を注いでいる。同社のnanoScan(R)製品シリーズは、世界初の一体型前臨床製品であるPET/MRI、PET/CT、SPECT/CT、SPECT/MRIを含め、前臨床イメージングの第一選択肢となっている。

▽問い合わせ先
Illes Muller
info@medisousa.com
+1-617-933-8771

ソース:Mediso Medical Imaging Systems

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]