logo

AI Academyのコンテンツに『Kaggleによるデータ解析実践編』と『データ前処理編』追加

サイバーブレイン株式会社 2018年10月01日 16時40分
From PR TIMES

データ解析、データ前処理編のコンテンツを追加

サイバーブレイン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO 谷一徳)が提供するオンラインAIプログラミングスクール「AI Academy」【URL】(リンク)は、2018年10月1日(月)より、新たにKaggleによるデータ解析実践編』と『データ前処理編』のコンテンツの提供を開始しましたことを発表いたします。



[画像1: リンク ]


『Kaggleによるデータ解析実践編』と『データ前処理編』概要
今回のコンテンツの追加により、Kaggleのいくつかのコンペティションに参加し、
データの読み込み、加工、データの可視化、アルゴリズムの選択と学習、パラメータチューニングの一連の流れなどが学べます。

[画像2: リンク ]


今回追加されたコンテンツ(テキスト)は、以下の7つです。

1. 数字認識(Kaggle)
2. レンタルバイク需要予測(Kaggle)
3. 住宅価格予想(Kaggle)
4. スマホのセンサーデータから行動を予測
5. Pandasによるデータ前処理(CRISP-DMなど)
6. Seabornによるデータ可視化
7. グリッドサーチ

■ ご利用方法・価格
これらコンテンツをご利用いただく場合は、スクールプラン(リンク :価格 50,000/ヶ月)及び、プレミアムプラン(オンラインマンツーマン:価格 120,000/ヶ月)の2つのプランのいずれかを受講することで、ご利用いただけます。

今後も、毎月コンテンツ追加予定です。

【AI Academyとは】
AI Academyは2016年7月からサービスを開始した日本初のオンラインAIプログラミングスクールです。
【URL】(リンク)

1. 業界最多の豊富なコンテンツ数
機械学習・ディープラーニングのコンテンツ以外にもプログラミング言語PythonによるWeb開発、
SQL、Webスクレイピング、Kaggle、機械学習に必要な数学や統計学などの100以上のコンテンツを元に学べます。
※一部動画コンテンツ含む

2.どこでも受講可能
どこにいてもPC、スマホから、見やすいテキストで学習できます。
忙しい受講者の方でも通勤時間や隙間時間にスマホ1つで学習可能です。

3. 受講期間中、チャットで質問し放題
わからないことがあればいつでもメールやチャットにて受講期間中何回でもAI Academyの講師に質問が可能です。
一人で悩むことなくスムーズに学ぶことができます。

現在は、オンラインマンツーマン以外にも、1ヶ月通いながら機械学習やWeb開発が学べるスクールAI Academy BootCamp【URL】(リンク)なども運営。

【サイバーブレイン株式会社について】

『テクノロジーで学びと教育のあり方を変える』をミッションに『IT×教育』領域の事業を展開しております。
現在はAI人材を効率良く育成するAIオンラインプログラミングスクールの運営・ラーニングシステムの開発を行なっております。

会社住所
169-0075
東京都, 新宿区高田馬場4-18-2 冨久正ビル 204号
サイバーブレイン株式会社

代表取締役 谷 一徳

【その他サービス】
AI Academy BootCamp
【URL】(リンク)

Facebook AI Community
【URL】(リンク)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]