logo

渋谷発、オープンに多様な人々が繋がる場所をつくる「Project SCRAMBLE」が、公式コミュニケーションプラットフォームとしてEventHubを起用

株式会社EventHub 2018年10月01日 15時40分
From PR TIMES

株式会社EventHub(所在地:東京都品川区、代表取締役:山本理恵、以下EventHub)が提供するイベント特化型SNS「EventHub」が渋谷のコミュニケーションプラットフォームとして、新型コミュニケーション実証実験「Project SCRAMBLE」(URL: リンク)にて起用されることとなりました。



[画像1: リンク ]

Project SCRAMBLEはオープンに多様な人々が繋がる場所/仕組みをつくることで働く街としての面白さを確かめる1年間のプロジェクトとして、2018年10月1日より渋谷を起点として始まります。本プロジェクトの第1弾として起用されるEventHub上では、プロジェクトに参加する人々が働く環境や形に関係なく自由に交流をすることが可能になります。

Project SCRAMBLEについて
様々な働く人が、ウェブサービスやアプリケーションを活用してコミュニケーションし、お互いのことを知り、出会う。その個々人のつながりから、働く場所の未来に必要なもの・ことを探していきます。そして、スクランブル交差点のように、渋谷から始まり、閉じずに広がっていくのがこのプロジェクトが目指すところです。
1年の実証実験の後、発表の場も設けどのような情報・人材の交流があったのか、どのようなアイディアが生まれたのかなどを公開していきます。

Project SCRAMBLE マッチング・EventHubへのアクセス

リンク
[画像2: リンク ]

プロジェクト概要
名称    Project SCRAMBLE(プロジェクト スクランブル)
URL    リンク
プロジェクト実施期間 2018年10月1日~2019年9月30日
本プロジェクトに参加することによって、EventHubプラットフォーム内にいるメンバーと繋がることができる以外にも様々なイベントや企画に参加できます。イベント情報は、Project SCRAMBLEのEventRegist のページで随時公開していきます。今後開催されるイベントでもEventHubを使ってネットワークを広げることが可能になります。

リンク

EventHub上でのマッチング事例
EventHubがビジネスのハブとして機能し、プラットフォーム上で参加者はさまざまな業界・職種の人々とマッチングすることが可能になります。職種・地域・業種に特に制限は設けていませんが、カジュアルなものからビジネスの起点になるものまで、多様な出会いのきっかけになるよう仕掛けていきます。



新しいプロジェクトを立ち上げる人と、副業やメンバーとして参加する人がつながる
メーカーの新規事業担当と、ベンチャーの開発担当がつながる
デザイナーと、リブランディングを考えているホテルが繋がる
イベント主催者と、登壇者がつながる



■今後の展開
EventHubは元々イベント・カンファレンスのビジネスマッチングとして展開していたサービスですが、最近ではコミュニティの活性化やオープンイノベーションの促進など、「イベント」に限らず活用していただく機会が増えてきております。今回の実験を皮切りに、コミュ二ティを活性化する仕組みや活用方法の幅を増やし、イベントだけにとどまらず様々なプロジェクトとコラボレーションしてまいります。

■株式会社EventHub(イベントハブ)
株式会社EventHubは「イベントでの繋がりを増やす」をミッションとするイベントテクノロジー企業です。創業時からカンファレンス、展示会、国際シンポジウム、音楽フェスなど多岐に渡るイベントを対象にアプリ制作、参加者交流ツールなどのテクノロジーを提供してまいりました。今後も「EventHub」および関連サービスを通じてイベント主催者、参加者、出展者様の課題解決を支援してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]