logo

国家ブランディングの専門家が講演「世界におけるジャパンブランディングとその意味」

京都外国語大学 2018年09月25日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

2018年9月25日

京都外国語大学・京都外国語短期大学

国家ブランディングの専門家が講演「世界におけるジャパンブランディングとその意味」

京都外国語大学 国際言語文化学会では、「国際貢献と言語」というテーマを掲げ、研究発表を行います。
基調講演では、本学客員教授のナンシー・スノーが登壇。「世界におけるジャパンブランディングとその意味」と題し、国際化に向けて日本は何を行っているのか、世界での立ち位置を改善し、政策や価値をより良くするためにはどうすべきなのか等、国家ブランディングの専門家の視点から講演します。
諸事ご多忙とは存じますが、是非ともご取材いただきますよう、ご案内いたします。また、ご取材いただける場合は、事前に下記までご連絡くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。
なお、本学の講演と一部の研究発表は英語で行う(同時通訳なし)旨をご了承ください。



●京都外国語大学 国際言語文化学会 第6回大会「国際貢献と言語」
【日   時】 2018年9月29日(土) 10:00~17:10 
【会   場】 京都外国語大学 4号館5階452教室  (京都市右京区西院笠目町6)
【基調講演】 13:00~14:30
ナンシー・スノー 「世界におけるジャパンブランディングとその意味」
【主   催】 京都外国語大学国際言語文化学会
【共   催】 京都外国語大学大学院
以上

京都外国語大学 国際言語文化学会
学校法人京都外国語大学の教職員および学生に研究の場を提供するとともに、特に優れた大学院生の育成、京都外国語大学で学んだすべての若手研究者に、研鑽と研究成果公表の場を提供すること等を目的としている。世界の言語、地域および文化に関する学術研究の振興に努め、学術・教育・社会の発展に広く貢献することをめざす。2013年発足。

ナンシー・スノー(Nancy Snow)
専門研究分野:広報外交、国家ブランディング、国際関係
著書:Japan’s Information War:How Japan Competes for the World’s Attention
その他、11冊のメディアや政治関連の著書/編著がある。
京都外国語大学 外国語学部 国際教養学科客員教授
アメリカ カリフォルニア州立フラトン大学名誉教授


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]