logo

マクロミルとセンタン、生体データを活用した「独自ノーム値」の共同開発を開始

~ニューロサイエンスによる動画マーケティング支援サービスの拡充へ~

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト 以下、当社)と、当社子会社の株式会社センタン(本社:東京都港区、代表取締役社長: 田中尊信 以下、センタン社)は共同で、動画マーケティングにおける広告効果を示す指標構築を目的としたノーム値※1の共同開発に着手しました。



本取り組みでは、共同で提供する新ニューロリサーチサービス「ムービーカルテ※2」のトライアル提供を通じ、動画視聴時の脳波や心拍、皮膚電位などの心理生理指標を収集し、可視化、定量化しにくい動画素材の持つ潜在的なインパクトや情緒的な反応を多面的に測定・実証していくことで、One Number Score(ONS)化※3などの独自指標の開発を目指しております。

両社は本取り組みを通じ、動画の購買行動に対する影響度や、CM想起との相関性などの指標化実現を目指し、ニューロリサーチの実用化を加速させることで、企業の動画マーケティングの成功を支援してまいります。

■背景
近年、TVCM、販促用動画、Web動画などの様々な動画コンテンツがマスメディアを通じた認知だけでなく、SNSなど個人のネットワークの中でシェア・拡散される環境へと変化しています。このような環境下、View数や完全視聴などの物差しだけでは動画の効果を測りにくく、その動画がどの程度多くの人の共感・関心を呼び、感情を揺さぶるかなどの情緒性や拡散性に関する新たな指標へのニーズの高まりをうけ、独自指標のノーム値開発を目指すことに至りました。

■ニューロリサーチの特長
ニューロリサーチは、センタン社が有する学術および技術的知見を活用し、脳波や心拍数、皮膚電気反応などの生理指標から、“考える前に自然に反応してしまう神経活動”の測定を可能にします。アンケートなどの主観調査と組み合わせることで、言葉だけでは表現できなかった“本音”や“気持ちの強さ”を定量化できることが特長です。

[画像1: リンク ]

                   <写真はイメージです>

■「ムービーカルテ」トライアル実施概要
多数の動画評価からデータを蓄積し、独自ノーム値開発を行う目的で、2018年9月~2018年12月まで、1動画20万円のトライアル価格でご提供いたします。20-59歳の男女30名を対象として、1人あたり30本程度のオムニバス形式の動画を視聴してもらい、視聴時の脳波、心拍、皮膚電気反応などの生理指標の計測と、動画提示直後に主観評価を実施します。1素材につき、基本報告書1部を電子データにてご納品いたします。

●期間
2018年9月~2018年12月

●価格
動画1本 20万円

●基本報告書内容
・共感度(脳波同期性)※4、注目、感情関与、記憶のスコア
・動画各シーンの共感曲線
・主観評価の集計結果
・改善点とそのための示唆

[画像2: リンク ]

消費者の共感度が高まったポイントを、脳波同期性により確認
                <共感度測定アウトプットの一例イメージ>

●注意事項
当社の都合によりトライアルサービス実施内容や期間は変更される場合があります。

●トライアル詳細のお問い合わせ先
リンク

本サービスは、当社が注力するAIやニューロを活用した新事業領域です。今後も、両社が培ってきたノウハウと実績を組み合わせ、生体情報を活用したマーケティングリサーチサービスの開発および、これまで得られなかった、より深い消費者インサイトや意思決定プロセスに迫るマーケティングリサーチ、そして、デジタルマーケティングのソリューションの提供・開発に向けた取り組みをさらに強化してまいります。
                                               
 以上

※1 ノーム値(Norm値)とは、評価の基準値のこと。得られたスコアをノーム値と比較することで、スコアの水準を把握することができます。
※2 「ムービーカルテ」の正式なサービス提供は2019年を予定しています。
※3 複数の測定指標を、総合的に1つへ指標化することを指します。
※4 共感度(脳波同期性)は、センタン社の特許取得手法で、対象となる情報やコンテンツに対して、複数人の脳波から「感情を喚起される変化の度合い(同期度)」を評価するものです。
 
[画像3: リンク ]


■関連サイト
ニューロリサーチサービスサイトURL
リンク

■株式会社センタンについて
センタン社は、マクロミルグループの一員として、脳科学・心理学の知見に基づいたマーケティング・コンサルタントサービスを提供しています。最先端の科学的知見を産業分野へ貢献するという、日本では未知の分野への挑戦を始めた創業時より現在まで、100を超えるプロジェクトに携わってきました。商品開発やマーケティングなど、クライアント企業の課題に新しい手法で取り組みます。

■株式会社マクロミルについて
マクロミルは、高品質・スピーディな市場調査を提供する、国内インターネット・マーケティング・リサーチのリーディング・カンパニーです。市場シェアNo.1※の豊富なリサーチ実績とノウハウをもとに、お客様のマーケティング課題解決に向けて最適なソリューションを提供しています。世界15カ国、40以上の拠点を展開しており、世界に誇れる実行力と、時代を変革するテクノロジーを統合し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指します。                                         
(※ オンライン・マーケティング・リサーチ市場シェア=マクロミル単体及び電通マクロミルインサイトのオンライン・マーケティングリサーチに係る売上高(2017年12月末時点の12ヶ月換算(LTM)数値÷日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)によって推計された日本のMR業界市場規模・アドホック調査のうちインターネット調査分(2017年度分))(出典:日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)2018年7月31日付第43回経営業務実態調査)

<会社概要>
資本金:674百万円(2018年6月末時点)
代表者:代表執行役 グローバルCEO スコット・アーンスト
本社:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
事業内容:マーケティングリサーチ事業
設立:2000年1月31日
売上高:40,024百万円(2018年6月期)
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]