logo

WinActor(R)をオンデマンドで手軽に利用

~低価格RPAサービス「WinActor(R) Cast on Call」を年度内提供開始~

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)は、2014年に商品化し販売しているRPAツール「WinActor(R)」を従量課金制でご利用いただける新サービス、「WinActor(R) Cast on Call」を2018年度内に開始いたします。
WinActor(R)は、企業等の働き方改革・業務効率化に貢献するツールとして注目されているRPAツールのひとつであり、日本企業の業務にマッチした純国産ツールとして、金融業から物流・小売業と幅広い分野の企業、約1,800社に導入されています。
今後、より多くのお客様に手軽にWinActor(R)をご利用いただけるよう、新たなサービスのご提供に取り組んでまいります。




■WinActor(R)について
WinActor(R)は、NTTアクセスサービスシステム研究所で研究開発された技術をベースに、NTT-ATが商品化した純国産のRPAツールです。Windows(R)アプリケーション、Webアプリケーションで行うさまざまな操作を「シナリオ」として記録し、自動化します。定型的な繰り返し作業や、大量データを扱う作業を正確に再現することが可能です。さらに、既存システムに手を加えることなく、これまで人手で行ってきた複雑な操作や、複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業の効率・品質・コストの大幅な改善につなげることができます。
WinActor(R)は、業種や会社の規模に関わらず、幅広い業務で活用いただけます。

■WinActor(R) Cast on Callの概要
WinActor(R) Cast on Callをご利用のお客様は、クラウド上のダッシュボードにログインし、業務の遂行に必要なシナリオを選択します。選択されたシナリオは、お客様のクライアントにあらかじめインストールされている
WinActor(R)で実行されます。お客様には、WinActor(R)を利用いただいた分の料金が発生します。
WinActor(R) Cast on Callの機能として、
 ●PC1台の環境から、クライアントとしてWinActor(R)を利用できます。
 ●クラウド上のシナリオをそのまま利用できるため、お客様がシナリオを作成する必要はありません。
 ●従量課金制のため、予算に応じた使い方ができます。
 ●カスタムシナリオ、OCR、その他外部サービスと連携できる、マーケットプレイスを開設します
 (2019年度以降を予定)。

[画像: リンク ]


■WinActor(R) Cast on Callの特長
(1)WinActor(R) Cast on Call クライアントをインストールしたその日から業務に利用できるため、自社でRPA 
   を構築する手間や費用をかける必要がありません。
(2)どのシナリオをいつ実行したかの利用状況が一目でわかるため、容易にWinActor(R)を運用管理できす。
(3)任意のPCでWinActor(R)を実行できるため、より柔軟な運用が可能です。

■販売について
NTT-ATによる直販となります(価格体系は未定)。

■今後のスケジュールについて
年内に複数の実証実験を開始し、年度内に商用サービス開始の予定です。
リリーススケジュールが確定しましたら、弊社ホームページにて詳細をお知らせいたします。

■展示会のお知らせ
来る2018年10月24日(水)~26日(金)に、幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される
「第2回AI・業務自動化展」のNTT-ATブースにて、WinActor(R)を出展します。
  展示会公式サイト:リンク
  出展製品詳細:リンク

※ WinActorはNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。
※ 記載された会社名及び製品名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]