logo

ヴイエムウェア、VMware NSXがVirtual Cloud Networkの構築とクラウド環境間のアプリケーション、データ、ユーザの接続と保護を支援

マルチクラウド ネットワーキングとセキュリティの拡張/簡素化を通じて、あらゆるクラウドにいつでもどこでもアクセスできる接続性と高度に分散化されたアプリケーションおよびデータにも対応するセキュリティを実現。Equity Trust、GFL Environmental、Grant Street GroupがVirtual Cloud Network を導入し、デジタル変革を推進

【2018年8月28日(日本時間)東京発】


ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、VMware NSX(R)によるネットワーキングとセキュリティ ソリューションの新機能を発表し、あらゆる環境のアプリケーションやデータに対していつでもどこでもアクセスできる一貫性のある接続性とセキュリティを実現するという事業戦略を前進させました。これらの先進機能により、安全、包括的なソフトウェアベースのネットワーク アーキテクチャであるVirtual Cloud Networkの導入が容易になり、新しい効果的な手法でマルチクラウド環境のエンタープライズ システムをサポートし、セキュリティを向上させます。

“Any Cloud”におけるすべてのワークロードのネットワークとセキュリティを強化
米国の調査会社、Forresterの調査によると、89%の企業が2つ以上のクラウド環境を利用しており、また74%の企業が3つ以上のパブリッククラウド*1を利用しているとされています。ヴイエムウェアはNSXの提供を通じて、IT部門がソフトウェアベースの仮想ネットワークを構築し、ネットワークの可視化と異種混在のマルチクラウド環境におけるアプリケーションのセキュリティ ポリシーの一元管理を行えるよう支援します。

VMware NSX-T Data Center 2.3は、高度なマルチクラウド ネットワークとセキュリティの機能のサポートをMicrosoft Azureやオンプレミス環境に加え、AWSにも広げます。顧客は、基盤となるクラウドに依存することなく、いつでもどこでもアプリケーションにアクセスできる接続性により、各地域のアベイラビリティゾーンの持つ利点を生かしながらマルチクラウドを運用、あるいはクラウドプロバイダの特色あるサービスを利用できるようになります。また、NSX-T Data Center 2.3はハイパーバイザとコンテナ環境に加え、ベアメタルホストにも対応します。これにより、ハイパーバイザのないベアメタル サーバ上でLinuxベースのワークロードやコンテナを稼働させることができます。NSX-Tはこの新機能をサポートするためOpen vSwitchを活用し、すべてのLinuxホストをNSX-Tのトランスポート ノードとして動作させます。これによりIT部門は、Linuxホストでオーバーレイ ネットワークを終端させ、ステートフルなセキュリティ サービスを提供できるようになります。

ヴイエムウェアは、VMware Cloud on AWS環境に対応したNSX-Tテクノロジを提供し、マルチクラウドの取り組みを一層、推進します。現在、プレビュー*2として提供されるNSX-Tテクノロジにより、VMware Cloud on AWSを利用する顧客は、分散ファイアウォールを活用したマイクロセグメンテーションやグループ化構成、さらに VMware Cloud on AWSに構築されたSoftware-Defined Data Center(SDDC)全域でのセキュリティ タグなどの高度な条件設定の実装が可能になります。

NSX-Tの導入、管理、運用を簡素化
VMware NSX-T Data Center 2.3では、導入ワークフローや、オブジェクトとイベントの検索などの新機能により、そのインストール、構成、管理を簡素化します。管理者は簡素化されたワークフローのもと、VMware NSX-T Data Centerのコンポーネントをインストールできるほか、新しい検索インターフェイスを利用してNSX-Tシステム内のオブジェクトやイベントを検索できるため、運用も迅速に行えるようになります。また、NSX-TとVMware vRealize(R) Automation™を連携させることにより、 NSX-TがvRealize Automation Blueprintキャンバスにネイティブで対応し、マルチクラウド環境のアプリケーション管理の自動化をより簡素に行えるようになります。加えて、NSX-T 2.3では新しいAPIも発表され、セキュリティ ポリシーを自然言語と宣言構文で定義できます。これにより管理者は、データセンタやマルチクラウド インフラに適用させるポリシーを宣言的なプログラミングで設定することができます。

Virtual Cloud Networkでのセキュリティの計画と運用の自動化
現在までに1,000社以上での導入実績を誇るVMware vRealize Network Insightは、仮想/物理環境をまたぐ統合型のトラブルシューティングを提供することにより、プライベート/パブリック/ハイブリッド クラウドのすべてをカバーするアプリケーション中心のセキュリティ計画とネットワークの可視化を可能にします。これにより、顧客は仮想クラウド ネットワーキング向けに最適化された可用性とセキュリティに優れたインフラを構築できます。また、VMware vRealize Network Insight 3.9に新たに追加されたNSX-T Data Centerのサポートにより、迅速なマイクロセグメンテーションの計画と導入のほか、アプリケーション移行の立案、VMware NSX Data Centerの導入に伴う管理、拡張、コンプライアンス確保などの運用状況の視覚的な把握が可能になります。vRealize Network Insightの利用により、セキュリティ計画に際して事業リスクや時間、コストを低減でき、ビジネスクリティカル アプリケーションの可用性の確保と移行時の計画も可能になります。Network Insightは、オンプレミス ソフトウェアとSaaS製品の両方で提供されますが、いずれも完全な機能と拡張性を備えています。

VMwareとAristaの連携によるVirtual Cloud Network全体の物理/仮想環境のセキュリティ
データセンタには物理/仮想ワークロードが混在しているため、ネットワークのセグメンテーションもすべてのワークロードに対応させる必要があります。AristaとVMwareは、CloudVisionとVMware NSXとの緊密な相互運用性の確保に向けた協業を行っています。この協業を通じて、NSXのセキュリティ ポリシーをマルチクラウド環境にあるAristaスイッチにネイティブで適用させ、セキュリティ ポリシーを仮想/物理ワークロードの両方へと拡張し、メインフレームからデータセンタ、パブリッククラウドまで対応させることができます。またこの協業は、 AristaのMacro-Segmentation Services(MSS)とVMware NSXのマイクロセグメンテーションの機能を統合させます。

Equity Trust:ネットワークとセキュリティを変革
顧客数175,000、預かり資産残高250億ドルに上る金融サービス企業Equity Trustは、NSX Data CenterとNSX(R) SD-WAN by VeloCloud(R)によるVirtual Cloud Networkアーキテクチャを導入しました。同社はマイクロセグメンテーションを実装するとともに、アプリケーションが実行されている場所へと追跡するセキュリティ ポリシーを導入し、アプリケーションとデータのセキュリティを強化しました。NSX SD-WANは米国オハイオ州、コロラド州、サウスダコタ州のデータセンタ間で一貫した接続を優れた費用対効果のもと提供しています。NSX SD-WANを導入したEquity Trustは、これらすべてのデータセンタで高コストな専用回線(MPLS)の利用を止める一方、SalesforceやMicrosoft Office 365などのSaaSアプリケーションを利用できる安全で信頼性の高いアクセスを確保しました。

GFL Environmental:戦略的な成長とセキュリティ対策を支援
多角的な環境ソリューションを提供するGFL Environmentalは、カナダと米国に有する140の施設を通じて、250万世帯、80,000以上の産業/商業事業者、各種機関に地域サービスを提供しています。同社は積極的なM&Aを通じて事業を急速に拡大しており、VMware NSXによる仮想クラウド ネットワーキングに支えられたマルチクラウド戦略を実践し、事業継続とリスクの低減を図っています。

Grant Street Group:政府系クライアントと有権者のニーズに応える安全で俊敏なクラウドサービスを実現
Grant Street Groupは、米国内の州や政府、市、地方自治体、学区などをクライアントとし、これらのクライアントがテクノロジを活用して有権者により良い行政サービスを提供できるよう支援しています。Grant Street Groupは、米国内に有するエンタープライズレベルのデータ施設のすべてに導入された単一のクラウド アーキテクチャを利用したSoftware as a Serviceの提供に注力しています。VMware NSX によるVirtual Cloud Network により、同社のクライアントは場所を問わずネット接続を通じてデータにアクセスできます。

VMware, Inc. ネットワーク&セキュリティ部門 上級副社長兼ゼネラル マネージャー
トム・ギリス(Tom Gillis)コメント:
「ヴイエムウェアのソフトウェアとVirtual Cloud Networkアーキテクチャで構築されたデジタル基盤により、企業は場所の制約にとらわれることなく、新規のビジネス機会あるいはビジネス脅威への対応、新たなビジネスモデルの構築、そして、すべてのアプリケーションとデータに対応するサービスの提供を実現できます。VMware NSXの顧客は、最新の仮想クラウド ネットワークの利点を最大限に生かして既存のネットワーキング テクノロジの価値を引き出し、ネットワークの複雑性を大幅に低減するとともにセキュリティの可能性を広げています」

*US参考資料原文、および参考資料内コメントは下記URLよりご覧ください。(英語サイト)
リンク

ヴイエムウェア社について
ヴイエムウェアのソフトウェアは、世界中のデジタル インフラを支えています。ヴイエムウェアのコンピュート、クラウド、モビリティ、ネットワーク、セキュリティの各製品は、世界中で7万5,000社のパートナ エコシステムを通じて50万以上の顧客にダイナミックかつ効率性に優れたデジタル基盤を提供しています。カリフォルニア州パロアルトに本社を置き、ビジネスと社会に貢献するVMwareの革新的なイノベーションの歴史は今年20周年を迎えます。VMwareの詳細は www.vmware.com/jp をご覧ください。

*1: Forrester's Global Business Technographics Infrastructure Survey, 2017
*2: プレビューとして発表された機能は、対象となる顧客のすべて、あるいはAWSのリージョンのすべてで提供されない可能性があります。この資料に記載の情報は、情報提供だけを目的としており、契約に加えられない可能性があります。「プリビュー」「開発中」「計画中」「提供される予定」と記される事項については、いかなる義務を負いません。

# # #

VMware、NSX、NSX Data Center、NSX SD-WAN、VeloCloud、NSX Cloud、NSX Hybrid Connect、vRealize、 Network Insightは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。他のすべての名称ならびに商標は、それぞれの企業の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]