logo

リーマンサットスペーシズ初の超小型衛星打上げ決定

一般社団法人リーマンサットスペーシズ 2018年08月21日 10時00分
From PR TIMES

一般社団法人リーマンサットスペーシズは、2018年8月21日、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)との国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟からの超小型衛星の放出機会提供に関する協力の締結に基づき、本年9月11日打ち上げ予定の宇宙ステーション補給機「こうのとり」7号機(HTV7)に、一般社団法人リーマンサットスペーシズが運営する「リーマンサット・プロジェクト」において開発された衛星「RSP-00」が搭載されることが決定しましたので、お知らせします。



衛星名:RSP-00 [サイズ:1U 10cm x 10cm x 11.35cm]
機関: 一般社団法人リーマンサットスペーシズ
ミッション:宇宙ポスト投函メッセージの打ち上げ。衛星搭載カメラによる画像撮影および高速無線機の動作実験。
「きぼう」日本実験棟からの放出:平成30年度予定
※本契約は、リーマンサットスペーシズ初の衛星として開発・運用を行うものとなります。

RSP-00の企画・開発・製造は、宇宙開発を生業としていないメンバー達から構成される「リーマンサット・プロジェクト」によって実施されました。
リーマンサット・プロジェクトでは夢や好奇心から始まる”人を中心とした宇宙開発”を通じて、誰でも、いつでも、好きなように目指すことのできる“宇宙“の実現を目指しています。
[画像1: リンク ]

このRSP-00の開発で得られた知見は、今後リーマンサット・プロジェクトの活動だけではなく、すべての宇宙開発に活用できる形で世界へ発信します。

「宇宙って、面白そうだから」

この想いを胸に、わたしたちはRSP-00を宇宙に送り出します。
引き続きご声援のほどよろしくお願いします。
[画像2: リンク ]


なお、リーマンサット・プロジェクトでは人工衛星開発やローバー開発をはじめとした宇宙開発を推進する仲間を募集しています。

技術系の方はもちろん、300名を超える団体の活動を支えるバックオフィス担当や広報担当など、様々なメンバーを募集しておりますので、活動への参加について興味のある方はこちら(リンク)をご覧ください。

また、本発表に関連し記者発表会を企画しております。
詳細については以下からお問い合わせください。

<お問い合わせ先>
一般社団法人 リーマンサットスペーシズ
代表理事:宮本 卓
〒132-0023 東京都江戸川区西一之江4丁目3-5
お問合せフォーム:リンク

*一般社団法人リーマンサットスペーシズは、民間宇宙開発団体リーマンサット・プロジェクトの各種活動をサポートするために設立された法人です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]