logo

共立女子大学が、高校生向けイベント「ひらめき☆ときめきサイエンス フランス語ってどんな言葉?~本の街神保町を歩いて、ガイドブックを作ってみよう~」を開催!-古書店街を舞台に国際交流&異文化体験-

共立女子大学 2018年07月06日 08時05分
From Digital PR Platform





 共立女子大学 文芸学部 フランス語フランス文学研究室では、2018年9月22日(土)に、高校生を対象としたプログラム「ひらめき☆ときめきサイエンス フランス語ってどんな言葉?~本の街 神保町を歩いて、ガイドブックを作ってみよう~」を実施する。






 本プログラムの受講を通して、フランス語圏から来た留学生や、本学でフランス語を学んでいる大学生と交流しながら、グループワーク(フランス語圏双六)やクッキータイム(フランス語圏の菓子の喫食)等を重ねる中で、フランス語やフランス語圏の文化を体験することが可能。
 本プログラムは、大学の研究成果の一端を高校生が体験することで、学術と日常生活とのかかわりや科学(学術)が持つ意味を理解してもらう、独立行政法人日本学術振興会の「ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI」の一環で開催するものである。

日時=2018年9月22日(土)13時00分~18時30分(12時45分受付開始)
場所=共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス 2号館
講師=田口亜紀(文芸学部・教授 フランス語フランス文学コース)
協力=深津謙一郎(文芸学部・教授 日本語日本文学コース)
後援=千代田区教育委員会
ポスター制作=及川(文芸学部・造形芸術コース3年)

☆田口亜紀先生から高校生へのメッセージ☆
 最近よくグローバル化と聞きますが、「外国語=英語」ではありません。例えば、オリンピックの第一公用語はフランス語です。フランス語は国際機関の公用語であり、実は世界の教養語です。英語と似ているけど、ちょっと違います。この機にフランス語をかじってみませんか。

【申し込みフォーム】
リンク
締切=2018年9月11日(火)17時まで(先着順)

【問い合わせ先】
共立女子大学 文芸学部 フランス語フランス文学研究室
TEL:03-3237-2591 Mail:kyoritsu.futsubun@gmail.com

●共立女子大学・共立女子短期大学HP
リンク

●ひらめき☆ときめきサイエンス(日本学術振興会)HP
リンク


【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]