logo

EDRを実装した次世代アンチウィルス製品「Carbon Black Defense」を7月5日より販売開始

株式会社 セキュリティア 2018年07月05日 11時01分
From PR TIMES

~ あらゆるサイバー攻撃からコンピュータの保護を実現する~

現在利用しているマルウエア対策ソリューションに満足していますか?
最新の「サイバー攻撃と煩わしい誤検知との戦い」の呪縛から解放される夢のソリューション



報道関係各位
2018年07月05日
株式会社セキュリティア

EDRを実装した次世代アンチウィルス製品「Carbon Black Defense」を7月5日より販売開始
~ あらゆるサイバー攻撃からコンピュータの保護を実現する~
株式会社セキュリティア(以下:セキュリティア、本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村俊一)は、
EDRを実装した次世代アンチウィルス製品「Carbon Black Defense (以下:Cb Defense、カーボン・ブラック社製品、本社:マサチューセッツ州)」の販売を2018年7月5日から開始します。
【URL】リンク
[画像1: リンク ]


Cb Defenseの3つの特徴

[画像2: リンク ]

1.Cb Defenseは、クラウド上でビッグデータの解析の一つである「イベントストリーミング」処理を利用し、リアルタイムでファイルのみではなくイベントの流れ(関係性)を分析し、セキュリティリスクを判断する独自技術「ストリーミングプリベンション」による高精度な脅威の検知、既知/未知のマルウェアに加え、ファイルレスマルウェアの検知を実現しています。


[画像3: リンク ]

2.感染端末の自動隔離や、調査に必要な論理的な隔離ネットワーク構築機能を持つ最先端のEDR機能


3.クラウドを使用した低負荷設計、CPUならびにメモリの利用率は1%以下


Cb Defenseの使い方・利用シーン


在宅勤務などのテレワーク環境の標的型攻撃対策強化
GDPR、改正割賦販売法、改正個人情報保護法等の対策
自治体セキュリティ強靭化対策、医療ガイドライン(略称)対策

【Cb Defense製品概要】


既知・未知マルウェアやファイルレス攻撃であっても検出が可能
EDR機能によるセキュリティインシデントに繋がるイベントへの対応
万一の感染時でも早期検知により被害拡大を防ぎ、初期対応から復旧までをも実現

価格:弊社営業担当へお問い合わせください。
販売方法:弊社営業担当へお問い合わせください。


株式会社セキュリティアについて

[画像4: リンク ]

【会社概要】
会社名:株式会社セキュリティア
所在地:東京都中央区日本橋堀留町2-9-6 ニューESRビル4F
代表取締役社長:中村 俊一
設立:平成30年1月15日
URL:リンク
事業内容:
セキュリティアは、「エンドポイントセキュリティ最終兵器」をテーマに「Carbon Black」を
当社セキュリティビジネスの重点商品の一つと位置づけ、GDPRや改正割賦販売法へのセキュリティ対策や、
企業のテレワーク推進のためのセキュリティを支援してまいります。
また、既に販売を開始している「AppGuard」(Blue Planet-works社製品)、「Shield Share(クリエイターズ・ヘッド社製品)を含めたエンドポイントセキュリティ分野のソリューション販売で、今後3年間で5億円の売上を目指してまいります。


【お客様からのお問い合わせ先】
Cb Defenseに関する問い合わせ
e-mail:tier-sales@securitier.co.jp

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
株式会社セキュリティア、担当:渡邊
TEL:03-5643-2221
e-mail:tier-info@securitier.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]