logo

よく笑う、友達が多い…キラキラ女子が多い県は? 全国47都道府県、キラキラ女子度調査! “キレイと元気”のビタミン、「ビタミンB2」の不足度も調査

エーザイ株式会社 2018年07月04日 12時01分
From PR TIMES

ご当地ごとに違う「自分への応援フレーズ」も紹介! 女性のキレイと元気を応援する「チョコラBB(R)」

女性の“キレイと元気”を応援する「チョコラBB(R)」シリーズを発売するエーザイ株式会社 コンシューマーhhc事業部(東京都)は、全国47都道府県の20~40代女性4,700名を対象に「キラキラ女子度」に関する調査を行いました。



■ まずは「気持ちのキラキラ度」をチェック! “キラキラ女子”が多い都道府県は?

今回の調査では、夢中になれる趣味があったり、素敵な恋愛をしてきたり…そんな「気持ちのキラキラ度」と、 “元気のビタミン”“美容のビタミン”と言われ、不足するとお肌の不調や疲れなどの原因の一つになる「ビタミンB2」の不足度について47都道府県の女性4,700名を対象に調査をしました。

<ビタミンB2不足は、こちらからチェックできます>
▼「あなたは足りてる?ビタミンB2チェック」
リンク  
(監修:甲南女子大学医療栄養学部 医療栄養学科教授柴田克己先生)

[画像1: リンク ]


(C) kanahei / TXCOM

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[「キラキラ女子度」に関する調査概要]
・調査期間:2018年5月14日(月)~5月25日(金)
・調査方法:インターネット調査(当社調べ)
・調査対象:20~40代女性 各都道府県100名 計4,700名
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


はじめに、「友人が多い方だ」「よく笑う方だ」など日常における“気持ちのキラキラ度”に関する10項目のうち当てはまるものを選んでもらいました。「夢中になれる趣味がある」人が多い都道府県1位は東京都(59%)、「今までいい恋愛をしてきた」人が最も多いのは栃木県(48%)など、都道府県によって“キラキラしているポイント”が異なる結果となりました。

[画像2: リンク ]


■“気持ちのキラキラ度” 各項目1位(※「当てはまる」人の回答数が多い)
・友人が多い方だ…沖縄県(29%)
・楽しいことを見つけるのが得意だ…埼玉県(56%)
・新しいモノやスポットに敏感だ …岩手県(46%)
・メイクやファッションをほめられたことがある…栃木県(55%)
・今までいい恋愛をしてきた …栃木県(48%)
・現在、夢中になれる趣味がある…東京都(59%)
・勉強や習い事など自分磨きを怠らない…埼玉県(36%)
・よく笑う方だ…栃木県(77%)
・「生きがい」と呼べるものがある…岩手県(61%)
・ユーモアのセンスをほめられたことがある …茨城県(57%)


10項目の回答数(全国平均は「4.02」個)を比較し、総合的な「気持ちのキラキラ度」を調べると、「気持ちのキラキラ度」が高いのは1位「埼玉県」(平均4.62個)、2位は「栃木県」(平均4.61個)、3位は「岩手県」(平均4.44個)の順となりました。

[画像3: リンク ]


■“気持ちのキラキラ度” 総合ランキング
1位 埼玉県 4.62個
2位 栃木県 4.61個
3位 岩手県 4.44個
4位 東京都 4.42個
5位 鹿児島県 4.40個
6位 山梨県 4.38個
7位 茨城県 4.37個
8位 北海道 4.31個
9位 秋田県 4.29個
10位 千葉県/沖縄県 4.22個

1位の「埼玉県」は10項目のうち9項目が平均を上回り、特に「自分磨き」(全国1位)、「楽しいことを見つける」(同1位)、「よく笑う」(同2位)などのスコアが他県を大きく上回る結果に。“アクティブに楽しく自分の能力を高めるキラキラ女子”が多いと言えそうです。2位の「栃木県」も同様に9項目が平均以上。「メイクやファッションをほめられたことがある」(同1位)、「今までいい恋愛をしてきた」(同1位)、「よく笑う」(同1位)など、“美容や恋愛への意識高い系キラキラ女子”の多さがうかがえます。3位の「岩手県」は、10項目のうち平均を上回ったのは7項目でしたが、「新しいモノやスポットに敏感」(同1位)な傾向が見られ、“トレンド敏感キラキラ女子”が多いと言えるかもしれません。

●「気持ちのキラキラ度」具体的なエピソード
 上位3位の都道府県の方に、自分が「キラキラしている」と感じる理由をききました。

・趣味のマラソン、仕事、家事などで毎日充実しています。(43歳・埼玉県)
・赤ちゃんを含む3人の子どもがいて、育児が忙しいけれど充実していると感じるから。(31歳・栃木県)
・友達と海外旅行や国内旅行にでかけられているから。(34歳・岩手県)
 
育児の忙しさの中でも充実していたり、趣味に没頭できていたりと、キラキラ女子たちのバイタリティを感じさせる意見が集まりました。


■ キラキラ女子に欠かせない!? 「友人の数」を全国比較! 最多は「山梨県」14.42人

続いて「気持ちのキラキラ度」を左右しそうな「友人」と呼べる人の数をきくと、全都道府県の平均値は「8.50人」。


[画像4: リンク ]


その中でも友人の数が多い都道府県は、1位「山梨県」(平均14.42人)、2位「群馬県」(平均13.10人)、3位「大分県」(平均11.49人)となっています。

[画像5: リンク ]


■友人と呼べる人の数 ランキング
1位 山梨県 14.42人
2位 群馬県 13.10人
3位 大分県 11.49人
4位 神奈川県 11.16人
5位 大阪府 10.89人
6位 富山県 10.43人
7位 沖縄県 9.97人
8位 宮城県 9.73人
9位 鳥取県 9.71人
10位 鹿児島県 9.70人


■ご当地ごとに違う、全国の女子たちの「自分への応援フレーズ」

さらに、全国の女子たちが元気を出して、<キラキラ女子度>を上げたい時にかけている「自分への応援フレーズ」を各地の方言も交えて、調査に参加していただいた方々にききました。


・「がんばっぺす」をよく使う。(29歳・栃木県)
・長崎県民なら、「がんばらんば!」で気合いが入ります。(32歳・長崎県)
・頑張りたいときは「まず!へば!」と言います。「とりあえず、まあやりましょうか?」という意味です。
 (39歳・秋田県)
・自分では言いませんが、「おきばりやす」と言ってくれるおばちゃんがいます。笑顔で言ってくれるので、嬉しくなります。(43歳・京都府)
・やらずして失敗するより、やって失敗した方が得るものがあるけん、がんばろ。(22歳・山口県)

今回の調査では心のキラキラ度に関する全国の女子たちのがんばりがうかがえる結果となりました。


■ 「キレイと元気」の源「ビタミンB2花マル!県」は「埼玉県」「東京都」がツートップ!

「キラキラ女子度」を内面からアップさせたい時、役立ちそうなのが「キレイと元気のビタミン」と言われる“ビタミンB2”です。ビタミンB2は「皮膚・粘膜のビタミン」、「脂質代謝のビタミン」、「成長促進因子」と言われ、キレイで元気に輝いていたい女性にとっては欠かせない成分です。不足すると、「にきびのできやすさ」「疲れやすさ」「お肌のごわつき」などにつながりかねません。今回は、“ビタミンB2”不足における11の質問項目に当てはまるかたずね、全都道府県の平均値を比較いたしました。

まず、個別の項目についてみてみると「にきびができやすい」と回答した人が最も少ない“にきびレス県”は「東京都」(73%)、「朝起きても疲れが取れていない」と回答した人が最も少ない“朝から元気県”は「兵庫県」(48%)など、ビタミンB2不足が原因と思われる不調は都道府県ごとの差が出る結果となりました。

[画像6: リンク ]


■“ビタミンB2チェック” 各項目1位(※「当てはまらない」人の回答数が多い)
・朝起きても疲れが取れていない …兵庫県(48%)
・よく口内炎ができる…宮城県、埼玉県、東京都(87%)
・唇が荒れて口角が切れたりカサカサする …東京都(77%)
・顔を触るとゴワつく感じがする…東京都(78%)
・にきびができやすい…東京都(73%)
・目が充血している…山口県(85%)
・お酒が好き…静岡県、徳島県(79%)
・脂っこい外食をすることが多い…山口県(78%)
・納豆、レバーが嫌い…北海道、栃木県(92%)
・現在「病み上がり」でふらふらすることが多い…秋田県、埼玉県、愛知県(96%)
・うがいをしてものどがひりひりすることが多い…埼玉県(98%)

“ビタミンB2”不足における11の質問項目に当てはまる個数が少なく、“ビタミンB2”が足りていると言える“ビタミンB2花マル!”県1位は同率で「埼玉県」「東京都」(平均2.67個)、3位「福井県」(平均2.82個)という結果になりました。

[画像7: リンク ]


■“ビタミンB2花マル!”総合ランキング
1位 埼玉県 2.67個
1位 東京都 2.67個
3位 福井県 2.82個
4位 神奈川県 2.93個
5位 岐阜県 2.94個
6位 北海道 3.01個
6位 兵庫県 3.01個
8位 石川県 3.02個
9位 愛知県 3.03個
10位 茨城県 3.05個

「気持ちのキラキラ度」が高かった「埼玉県」はビタミンB2不足が原因と思われる不調も少なくなっています。

1位の「埼玉県」は11項目のうちすべての項目が平均より「当てはまらない」人の数が多いという結果に。中でも、「にきびができやすい」、「納豆・レバーが嫌い」に当てはまる回答者が少ない結果がでました。同率1位の「東京都」は「唇が荒れて口角が切れたりカサカサする」「顔を触るとゴワつく感じがする」「にきびができやすい」「よく口内炎ができる」の4項目で最も回答者が少なく、3位の「福井県」は11項目のうち9つが平均を下回り、「顔を触るとゴワつく」の回答者が平均よりも10ポイント以上少なくなっています。


■ 「ビタミンB2不足ぎみ県」は、「長崎県」「沖縄県」「徳島県」の順に

 一方で、「ビタミンB2不足」の項目に当てはまる個数が多かった“ビタミンB2不足ぎみ”県は、1位「長崎県」(平均3.82個)、2位「沖縄県」(平均3.78個)、3位「徳島県」(平均3.70個)の順に。[表7]

[画像8: リンク ]


■“ビタミンB2不足ぎみ”総合ランキング
1位 長崎県 3.82個
2位 沖縄県 3.78個
3位 徳島県 3.70個
4位 静岡県 3.57個
5位 新潟県 3.56個
6位 山形県 3.53個
6位 島根県 3.50個
8位 秋田県 3.49個
9位 鳥取県 3.48個
10位 長野県 3.45個


“不足ぎみ”1位の「長崎県」は11項目中10項目が平均を上回りました。特に「顔を触るとゴワつく」(全国2位)という人や「唇が荒れて口角が切れたりカサカサする」(同2位)という人が多くなっています。“不足ぎみ”2位の「沖縄県」では、「にきびができやすい」(同1位)、「脂っこい外食が多い」(同1位)という結果が目立ちました。“不足ぎみ”3位「徳島県」は、「納豆・レバーが嫌い」(同1位)という人が平均を大きく上回っています。

これらの「ビタミンB2不足ぎみ」県の方からは、「疲れたり、ストレスがたまったりすると、ニキビが目立つ」(37歳・長崎県)、「仕事が忙しいと口内炎ができやすく、食べ物を食べるときでも痛い」(41歳・沖縄県)など、ストレスや忙しさなどの気持ちのキラキラ度ダウンによって、ビタミンB2不足が原因と思われる不調にも、同時に悩まされるという声もきかれました。


■ にきび、お肌のゴワつき…原因の1つはビタミンB2不足!知っていたのはわずか26%

一方、「にきび」や「お肌のゴワつき」、「口内炎」などの原因の1つが「ビタミンB2不足」であることを知っていた人はわずか26%にとどまります。

[画像9: リンク ]


普段の食生活に気を付けていても、なってしまう人も多い肌荒れや口内炎。その原因の一つにはビタミンB2不足があるかもしれません。口内炎やお肌のトラブルに悩まされることなく、キラキラした気持ちで毎日を過ごしたい…そんな時には医薬品等によるケアも効果的です。


■ 女性のキレイと元気を応援するチョコラBB(R)ブランドについて

チョコラBB(R)ブランドは、女性のキレイと元気を応援するため、症状やライフスタイルに応じた様々な製品を取り揃えています。また、現在、人気キャラクター「カナヘイの小動物 ピスケ&うさぎ」と一緒に「ビタミンB2」不足をチェックできる特別コンテンツ「あなたは足りてる?ビタミンB2チェック」 も公開中です。
今後もチョコラBB(R)ブランド製品を通じて、多様化する女性のニーズにお応えするとともに、より多くの生活者の皆様の「キレイと元気」を応援してまいります。

▼「あなたは足りてる?ビタミンB2チェック」
リンク  (監修:甲南女子大学医療栄養学部 医療栄養学科教授柴田克己先生)

チョコラBB(R)ブランド商品の詳細については、ブランドサイト「chocola.com(チョコラドットコム)」をご覧ください。
URL:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]