logo

Publicis.Sapientは世界的なエンジニアリング役員起用でデジタル事業変革力を増強

Publicis.Sapient 2018年07月04日 10時12分
From 共同通信PRワイヤー

Publicis.Sapientは世界的なエンジニアリング役員起用でデジタル事業変革力を増強

AsiaNet 74233 (1168)

【ロンドン2018年7月3日PR Newswire=共同通信JBN】Publicis Groupeのデジタル事業変革の中核であるPublicis.Sapientは3日、クライアントの将来事業構築を支援する力を増強する中で、世界的なリテールとテクノロジーの大手、TescoとAmazonから幹部役員を起用すると発表した。

Photo - リンク
Photo - リンク
Logo - リンク

オンラインエンジニアリング・ディレクターを務めていたTescoから加わるティラク・ドダパネリ(Tilak Doddapaneni)氏は、Publicis.Sapientで新設ポストのエンジニアリング担当グローバルヘッドになる。ドダパネリ氏はPublicis.Sapientグローバル・リーダーシップチームの一員になり、Publicis Groupeのデジタル事業変革リード兼Publicis.Sapient EMEA & APAC最高経営責任者(CEO)のナイジェル・バズ氏に直接報告する。Amazonで複数の上級エンジニア職を歴任したラケシュ・ラブリ(Rakesh Ravuri)氏は、プログラミング言語とクラウドの最高技術責任者(CTO)兼リテールエンジニアリングのグローバルヘッドとして加わり、インドにおけるPublicis.Sapientの広範な活動で指導的役割を演じる。ラブリ氏はドダパネリ氏に報告する。両氏ともSapientに在籍したことがある。

ドダパネリ、ラブリ両氏は、組織をエンジニアリング業績の次の水準に引き上げた実績ある変革推進者で、デジタル事業変革サービスに向けて市場をけん引するPublicis.Sapient戦略で極めて重要な部分を占める。

幹部役員の任命は、Publicis.Sapientが製品エンジニアリング機能を拡大する中の出来事である。それはデジタル事業の変革、および、テクノロジー対応世界で消費者が期待する迅速な製品・サービス開発を通じて、クライアントが事業を変革、飛躍的発展を推進して効率を高め、優れた経験をもたらすことを支援するには不可欠のものである。

ドダパネリ氏は新たな役割の中で、Publicis.Sapientの世界のテクノロジー提供コミュニティー全体を率いる。また、クライアントの成功とエンジニアリング、デリバリーの卓越性に加え、人材開発、性能測定基準、さらに、デジタル事業変革クライアントが現代のテスト&学習環境で要求する画期的エンジニアリングの実践に焦点を当てる。

ドダパネリ氏はTesco在籍中、インドと英国にまたがる現代オンライン・エンジニアリングチームを結成して、Tesco DirectとTesco Marketplaceの立ち上げを成功させ、英国と各国の市場でGrocery Home Shoppingプラットフォームの再構築を本格展開した。

Publicis.Sapientに最高技術責任者(CTO)の1人、リテールエンジニアリングのグローバルヘッドとして加わったラブリ氏は、Amazonのソフトウエア開発ディレクターとして培ったクラウドプラットフォーム、サービスデザイン、アジャイルエンジニアリングの豊かな知識をもたらす。ラブリ氏は、Amazonの新物流事業用のソフトウエアシステムを担当するエンジニアリングチームを編成してship.amazonを立ち上げ、売り主に多くの小包を配達した。

Publicis.Sapient EMEA & APACのナイジェル・バズCEOは「ティラクとラケシュがクライアントにデジタル事業変革を提供する製品エンジニアリング手法の一環として、エンジニアリング機能に構築するPublicis.Sapientの旅に加わることをうれしく思う」と語った。

また「ティラクはテクノロジーとエンジニアリングが持つ力を認識し、製品と体験の進化への応用法を理解することによって、世界最大級リテーラーの革新的変化のシニアリーダーとして並外れた経歴がある。その豊かな経験は、彼を世界的なアジャイルエンジニアリング・モデルの実践を導く適任者にしている。ラケシュは、世界的なテクノロジー&リテール大手有数の収益創出事業であるAmazonデリバリーを開発したエンジニアリングチームを成功裏にリードたばかりで当社に来ることになった。彼の経験と才能はPublicis.Sapientのクライアント、および当社リテール業界専門知識の成長、大規模なインド展開にとって大きな恩恵になる」と述べた。

ドダパネリ氏は「エンジニアリングと大型ソフトシステムの運用に熱心な者として、私はSapientに戻ることを喜んでいる。それは戦略、経験、エンジニアリング領域を独自に組み合わせて、クライアントがデジタル時代に向けて事業を再考、変革することに役立つデジタル変革企業として引き続き道案内する。世界トップ級のエンジニアリング人材を持ち、開発し、引き付ける企業の構築は、私をSapientに引き戻したものである」と話した。

ラブリ氏は「業界は変曲点にあり、テクノロジーは支援の役割から運転席に移った。デジタル事業変革とともに、Sapientはまさにその中核にある。Sapientとクライアント双方のエンジニアリング変革に指導的役割を果たすチャンスを得て喜んでいる」と述べた。

▽Publicis.Sapientについて
Publicis.SapientはPublicis Groupeのデジタル事業変革の中核であり、消費者の行動とテクノロジーがかつてないペースで社会的かつ商業的変化を生み出す世界において、クライアントが成長と効率を高め、業務方法を進化させることを助ける。世界で1万9000人の人員と100以上のオフィスを抱える同社の専門知識は、テクノロジー、データサイエンス、コンサルティングに広がり、それがイノベーションの社風に創造的に重なり、クライアントが顧客の期待する製品やサービスを創造することによって事業を加速する複雑な変革計画をもたらすことを可能にしている。詳しい情報はwww.publicis.sapient.comを参照。

▽問い合わせ先
Craig Smith, Publicis.Sapient
+44 (0) 7554 000820
csmith@sapient.com

ソース:Publicis.Sapient

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]