logo

-イベント実施レポート-XFLAGが贈る“ケタハズレ”を超えたLIVEエンターテインメントショー

~「XFLAG PARK2018」に4万人超が大熱狂!!~

 株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長執行役員:木村 こうき)のXFLAG(TM) (エックスフラッグ)スタジオは、2018年6月30日(土)、7月1日(日)に幕張メッセ国際展示場1~6ホールにて、LIVEエンターテインメントショー「XFLAG PARK2018」を開催いたしました。





 今年で三度目の開催となる「XFLAG PARK」は、XFLAG Entertainment Partnerのきゃりーぱみゅぱみゅさんが、世界 11か国から集まった 20 名以上の最高峰のパフォーマーとともに「宙づり」「炎上」「切断」の 3 つのイリュージョンに初挑戦したステージのほか、女優の広瀬アリスさん、お笑い芸人の渡辺直美さん、トレンディエンジェルさん、俳優の温水洋一さんが出演。また「XFLAG PARK」初の体験型アトラクション「Alice in Madland」や、熱き戦いが繰り広げられた賞金総額6,000万円のeスポーツ大会など、さらにパワーアップした“ケタハズレ”なエンターテインメントショーをお届けしました。
 また、今回は「XFLAG PARK2018」の前夜祭として、6月29日(金)に幕張メッセ国際展示場1~2ホールにて、Da-iCEや、SHE'S、DÉ DÉ MOUSE、レイザーラモンRGらが登場するイベント「XFLAG FREAK2018 Presented by MONST NIGHT」を開催しました。
 今年で3度目の開催となった「XFLAG PARK2018」は、2日間で延べ4万人以上のお客様が来場し、YouTube LIVEでの生放送の視聴回数は約450万を記録。大盛況で幕を閉じました。
[画像1: リンク ]

・XFLAG PARK2018公式サイト:リンク

■「XFLAG × KYARY PAMYU PAMYU ~PANDORA’S BOX~」
 「XFLAG Entertainment Partner」のきゃりーぱみゅぱみゅさんが、「XFLAG × KYARY PAMYU PAMYU ~PANDORA’S BOX~」に出演。このショーのために11 か国から集まった 20 名以上の世界最高峰のパフォーマーとともに「宙づり」「炎上」「切断」の 3 つのイリュージョンに初挑戦しました。きゃりーぱみゅぱみゅさん自身も企画段階から関わりながら作り上げた通常のライブでは見ることができないケタハズレなLIVEエンターテインメントショーは大いに盛り上がりました。きゃりーさんは「今までライブをしたことはあっても、マジックやサーカスのようなパフォーマンスを交えたことは初めてでとても楽しかったです」と話してライブを締めました。
[画像2: リンク ]


■「NENBUTSU DANCE RETURNS~スペシャル落武者バージョン~」
 「モンスターストライク」の★4キャラクターたちによるミュージカル仕立てのダンスステージ「NENBUTSU DANCE RETURNS~スペシャル落武者バージョン~」を披露しました。
 本ステージは、脚を挫いてダンスが踊れなくなったチャイコフスキーを、チャイコフスキーに恋をしている大量の落武者たちが「NENBUTSU DANCE」で元気を与え、そして、その秘めたる思いを伝えるという内容です。落武者たちのキレのあるダンスはとてもシュールで、20名以上が入り乱れて踊る様は見どころ満載でした。
 公演の最後にはスペシャルゲストとしてトレンディエンジェルのお二人と温水洋一さんが登場。本ステージの主人公となる「落武者」の集団に混ざり、その“頭髪力”を 活かしたスペシャルパフォーマンスを披露し、会場を笑いの渦に巻き込みました。
[画像3: リンク ]


■モンスターストライク アニメ情報

[画像4: リンク ]

 3DCGを駆使して制作された長編アニメ映画『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』の制作発表会を実施し、会場限定のPVと作品紹介が行われました。
 その後、主演声優に抜擢された人気女優の広瀬アリスさんがサプライズで登場すると、会場のボルテージは最高潮に。広瀬さんは、「声のお仕事はとても難しく、喜怒哀楽を表現するのは大変でした」とアフレコ時の苦労を明かしました。
 公開にむけて意気込みを聞かれると、広瀬さんは「今回のモンストの映画は多くの方に楽しめる作品となっているので是非足を運んでください」と笑顔で語り、公開への期待を膨らませました。
 そして、6月27日に発表された新作アニメ「プロメア」の新情報も公開。監督に今石洋之、脚本に中島かずきの「天元突破グレンラガン」の最強コンビが再びタッグを組むことが明らかになり、会場にいるユーザーからざわめきが起きました。その他、モンストアニメ3期が毎週土曜日19時にYouTubeで公開が決まったことも発表(1話のみ7月8日 日曜日19時)。概要が公表されると会場からは拍手が沸き起こり、この日だけ特別に、来場者に向けて1話が先行上映されました。

■日本・台灣・香港!モンストスタジアム三つ巴対決!
 モンストのeスポーツアプリ「モンスターストライク スタジアム」で、初の海外戦を開催しました。台湾の決勝大会を勝ち抜いた「夏夕夏景」、香港代表の座をもぎ取った「天下武功♠唯快不破」と、日本代表に指名されたM4(モンストうまい4人組)が熱いバトルを繰り広げました。
 本ステージの応援に駆け付けたのは、繁体字版モンスターストライク「怪物彈珠」のCMにも出演した、「怪物彈珠」公認サポーターの渡辺直美さん。まさかのサプライズ登場に、大熱狂の会場でした。
[画像5: リンク ]


<6月29日>
■XFLAG FREAK2018 Presented by MONST NIGHT
 XFLAG PARK初となる前夜祭を、6月29日(金)に開催しました。お酒片手に音楽を聴きつつ、モンストが楽しめる「MONST NIGHT」とコラボレーションした本イベント。オープニングにはレイザーラモンRGが登場し、「モンストあるある」で会場を盛りあげたほか、モンストユーザーでもある5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEがXFLAGの中の人と対決、その後ライブパフォーマンスも披露しました。さらに、「モンストグランプリ2018チャンピオンシップ」の公式イメージソングを歌うSHE’Sや、人気DJのDÉ DÉ MOUSE、NEOヴィジュアル系バンド・BACK-ZETS 、XFLAG スタジオのメンバーで構成されたバンド・BURNER BROTHERS、が登場し、会場を盛り上げました。
[画像6: リンク ]


<6月30日>
■XFLAG PARK2018 限定降臨 VSフラッグ&エクスコーン 動画チャンネル対抗バトル!
 XFLAG PARK2018限定降臨に各動画チャンネルの攻略班がチャレンジする本企画。動画チャンネル対抗バトルということもあり、イベントの模様は出場する各動画チャンネルで配信され、プレイ映像も実況付きで公開されました。
 イベントではファミ通App、GameWith、ゴー☆ジャス動画@Game Market、XFLAGの中の人が「限定降臨VSフラッグ&エクスコーン」にチャレンジして、制限時間45分の中でメダル獲得数、クリアタイム、クリア回数を競い、アツいバトルをステージで繰り広げました。
 イベント開始後、最初にクリアしたのはファミ通App。なんと初見で1分41秒という驚愕のタイムをたたき出して会場を沸かせました。
・ファミ通App:リンク
・なうしろ - GameWith:リンク
・ゴー☆ジャス動画@Game Market:リンク
[画像7: リンク ]


■宇宙最速攻略!?轟絶シュリンガーラby M4 VS GameWith
 新たな難易度「轟絶」の初のクエストとなる「轟絶シュリンガーラ」がXFLAG PARK2018で初降臨し、M4(モンストうまい4人組)が新難易度ステージの宇宙最速攻略に挑戦しました。MCの呼び込みでM4の4人が登壇した直後、急にアラームが鳴り響いたかと思うと、ナウ・ピロ、しろらGameWithの4人が緊急参戦する事になり、イベントタイトルも「宇宙最速攻略!?轟絶シュリンガーラ M4 VS GameWith」に変更。急展開に会場の空気が一気に高揚します。
 18:00にシュリンガーラが降臨すると、両チーム一斉にチームメンバーと声を掛け合いながら討伐に挑みます。初挑戦となる “轟絶”とだけあって緊迫した状況が続き、1時間10分という長丁場の末、轟絶シュリンガーラ極、究極を先に制したのはGameWith。とどめを刺した瞬間は、会場を震わせるような歓声が起こりました。
[画像8: リンク ]


■XFLAGニュース

[画像9: リンク ]

 XFLAGニュースでは、ニンテンドー3DSとスマートフォンのマルチプレイが可能な「モバイルボール」の発表と、7月27日のFC東京対V.ファーレン長崎の試合においてXFLAG初の冠マッチ「XFLAG Day」の開催が決定したことを発表しました。
 「XFLAG Day」では、味の素スタジアムでの限定グッズの販売をはじめ、抽選で5,000組10,000名を試合に招待することも発表されました。
 また、ファイトリーグは、1周年を記念して行われた“超大型”リニューアルの詳細や1周年記念キャンペーン、7月7日(土)公開のXFLAG発のオリジナルアニメ「約束の七夜祭り」との連動について発表しました。アニメに登場するキャラクターがファイトリーグにも登場するほか、アニメにもファイトリーグのキャラクター「ニャニャコロビ」が登場。アニメ内に「ニャニャコロビ」が何体登場するか答えるだけで、主人公ショウマ役の「斉藤壮馬」さんら、豪華声優陣のゲーム内ボイスが全員もらえるほか、「キミのお願い事叶えるニャ!」キャンペーンの実施も発表しました。また「約束の七夜祭り」は7月7日(土)19時にYouTubeにて公開することも発表され、会場では冒頭の4分を先行配信しました。

・「ファイトリーグ」公式サイト:リンク
・「約束の七夜祭り」公式サイト: リンク
・XFLAG ANIME公式YouTubeチャンネル: リンク

■追憶の玉楼(写真:上段)
■ベイビーかわけのあれやって(写真:下段)

[画像10: リンク ]


<7月1日>
■モンストグランプリ2018決勝大会

[画像11: リンク ]

 モンストNo.1を決める「モンストグランプリ2018チャンピオンシップ」が開催されました。長きにわたる地方予選を勝ち抜いた6チームと、「モンストグランプリ2018 闘会議CUP」を制した2チームの精鋭たちが幕張に集結。計8チームとなったモンストのプロチームで賞金総額6,000万円をかけた熱い闘いが繰り広げられました。
 日本一の名誉と優勝賞金3,000万円を手にしたのは「今池壁ドンズα」。序盤からスーパープレーを連発し、観客を魅了していました。また、試合終了後には、モンストのプロライセンスを獲得した全8チームによる「モンスターストライク プロフェッショナルズ 2018 トーナメントツアー」を、本年10月より実施することを発表しました。
・モンスターストライク プロフェッショナルズ 2018 トーナメントツアー:
リンク

■モンストニュース

[画像12: リンク ]

 モンストの最新情報をXFLAG PARK2018のフィナーレで発表。本年10月より放送開始予定のテレビアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」とのコラボレーションや、「おりょう」「ナポレオン」「ムー」の獣神化など、新情報が発表されるたびに大盛り上がり。そして、モンストニュースが終わるかと思いきや、「ルシファー」の獣神化をサプライズ発表。会場からは悲鳴にも近い、地鳴りのような驚きの声が溢れました。

■紅白モンスト合戦(写真:上段)
■モンスターストライクスタジアム ギミックリレーバトル(写真:下段)

[画像13: リンク ]


<両日>
■Alice in Madland
 早期にチケットが完売するなど、開催前より注目を集めていたXFLAG PARK初の体験型アトラクション、「Alice in Madland」は、会場でも一際賑わいを見せていました。特殊なヘッドフォンとスマートフォンから聞こえてくるアリスの声を頼りに、不思議な館「Alice in Madland」に迷い込んでしまったノストラダムスの相棒・アンゴルモアを探し出すアトラクション。参加者は、ゲームの世界観をリアルに再現した仕掛けを大いに楽しみ、ゴール地点でやっと出会うことができたアンゴルモアと笑顔で記念撮影をしていました。
[画像14: リンク ]


■XFLAG SYMPHONY ~PARK SELECTION~
 定番となった「MONSTER STRIKE SYMPHONY」が、今年は「XFLAG SYMPHONY」に進化して登場。世界的ギタリストであるマーティ・フリードマンさんや五十嵐公太さん(ATOMIC POODLE/ex. JUDY AND MARY)、前田恭介さん(androp)など多数のミュージシャンが演奏に参加し、モンストユーザーにはおなじみのBGMはもちろん、ファイトリーグのBGMなどをロックオーケストラのアレンジで披露しました。
 スモークや火を使った演出や、演奏を爆音で流すことで体の芯まで演奏の迫力が伝わり、さらにパワーアップした「XFLAG SYMPHONY」に会場は沸きたちました。
[画像15: リンク ]


■モンソニ! in XFLAG PARK
 モンストアニメ「モンソニ!」の音楽ステージを開催しました。今年は4アーティスト出演とボリュームアップ。ルシファー・サタン・茨木童子のバンド「背徳ピストルズ」やダルタニャン・紫苑のユニット「Two for all」、絶対不滅アイドル「白雪姫リボン」も「モンソニ!」バージョンで復活。さらにアザゼル・ベルゼブブ・マモン・モロクのラウドロックバンド「デビルズ・パンク・インフェルノ」が初登場しました。

・モンストアニメ「モンソニ!」特設サイト:リンク
[画像16: リンク ]


■XFLAG KITCHEN(飲食コーナー)
 モンストやファイトリーグをイメージして作られた全部18品のスペシャルメニューを提供しました。パンドラをモチーフにしたランチボックスなど、キャラクターの個性を活かしたメニューは早々に完売。また、大人の方に人気だったのは、XFLAG PARK2018の開催を記念して作られた限定醸造のクラフトビール「XFLAG PARK2018 LIMITED ALE」。お昼という時間帯にもかかわらず、限定醸造の味を楽しもうとする人の列ができ、両日共にAM11時には完売となりました。
[画像17: リンク ]


■XFLAG STORE(物販コーナー)


 XFLAG STOREでは、ルシファーとパンドラをモチーフにしたキャップやトートバッグ、人気キャラクターをモチーフにしたブレスレットなどのファッション系のアイテムなどが早々に完売。また特に目を引いたのは、全長35cmのアンゴルモア(ノストラダムスのおとも)の巨大ぬいぐるみで、キャラクターの可愛さもあって午後には完売となりました。

■各種ブース

[画像18: リンク ]

 今年3月に発売を開始し、販売1か月で300万枚出荷を達成した「モンスターストライク カードゲーム」(以下、モンスト カードゲーム)のブースを設置しました。ブースではモンスト カードゲームの体験のほか、7月13日(金)発売の新しいストラクチャーデッキと、ブースターパックの先行販売を実施。先行販売分は早々に完売となりました。
 その他、アニメブースや、今冬配信予定の新作アクションゲーム・モバイルボールのブースなども賑わいを見せていました。

・モンスト カードゲーム公式サイト:リンク
・モンストアニメ公式サイト:リンク

■ガブリエルのモンストークステージ!(写真:上段)
■XFLAG DUNKERS(写真:中段)
■MONST Art Battle supported by LIMITS(写真:下段)

[画像19: リンク ]


 XFLAG スタジオでは、今後も引き続き、友だちや家族とワイワイ楽しめる"アドレナリン全開"のバトルエンターテインメントを提供してまいります。

■モンスターストライク < リンク >
 スマートフォンの特性を活用した、誰でも簡単に楽しめる爽快アクションRPGです。自分のモンスターを指で引っぱって弾き敵のモンスターに当てて倒していくターン制のゲームで、壁やモンスターへの“跳ね返り”や“ぶつかり”を上手く活用することで、クエストを攻略していきます。一緒にいる友だちと最大4人まで同時に遊べる協力プレイ(マルチプレイ)が特徴です。

■ファイトリーグ < リンク
公式twitterアカウント:リンク

■ミクシィグループ < mixi.co.jp >
ミクシィグループは、1997年の創業以来、SNS「mixi」やスマホアプリ「モンスターストライク」など、友人や家族といった親しい仲間と一緒に楽しむコミュニケーションサービスを提供してきました。
人々の生活がより豊かになる未来を思い描き、ITの側面からコミュニケーションの活性化を促す事業・サービスを推進することで、より良いコミュニケーションの創造に取組んでいます。
■XFLAG™ スタジオ < xflag.com >
エンターテインメント事業のさらなる発展を図るため、2015年8月、株式会社ミクシィ内にXFLAG™ スタジオを設立しました。XFLAGスタジオでは、“ケタハズレな冒険を。”をスローガンとして、「モンスターストライク」や「ファイトリーグ」を提供するほか、‘アドレナリン全開’の、ドキドキワクワクするゲームや映像コンテンツを世界に向けて発信していきます。

"ミクシィ"、"mixi"、mixiロゴ、"XFLAG"、XFLAGロゴ、"モンスターストライク"、"モンスト"、"MONSTER STRIKE"、"ファイトリーグ"、"Fight League" は、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]