logo

壁紙見本帳「2018-2020 リザーブ 1000」を5/17に発売

株式会社サンゲツ 2018年07月03日 16時09分
From 共同通信PRワイヤー

2018年4月26日

株式会社サンゲツ

暮らしの空間に“自分らしさ”をプラスするデザインを提案
壁紙見本帳「2018-2020 リザーブ 1000」を5/17に発売

株式会社サンゲツ(安田正介社長・名古屋市)は、戸建てやマンションなど住宅分野のほか、医療福祉など各種施設にもおすすめの壁紙を収録した新作見本帳「2018-2020 リザーブ 1000」を5月17日(木)に発売します。暮らしの空間に使いやすいベーシックなアイテムに、自分らしさを表現できるデザインを加えた898点のラインアップです。


「2018-2020 リザーブ 1000」の特長

① 自分らしさを演出するこだわりのデザイン
“個性と洗練”をコンセプトとする、素材の質感にこだわったオリジナルブランド「process#100(プロセスワンハンドレッド)」のほか、ファッションブランド「MIHARA YASUHIRO」のデザイナー三原康裕氏とコラボレーションした遊び心ある斬新なデザインを収録するなど、自分らしい空間をつくる壁紙を提案します。

② お部屋の快適性を高める機能性アイテム
住宅でニーズの高い「フィルム汚れ防止・抗菌壁紙」では、リフォームにも使用しやすいハイボリュームタイプを新たに収録。また、高い光反射率で室内をより明るくし、省エネ効果も期待できる「光拡散壁紙」など、お部屋の快適性を高める機能性アイテムを充実させました。

③ 空間イメージから選びやすい見本帳構成
無地系のカラーバリエーションを豊富に揃え、商品を色別に並べた「カラーパレット」を掲載。色を起点としたコーディネートをサポートします。また、各ページに掲載したQRコードから、見本帳掲載以外の施工イメージ画像も閲覧でき、さまざまな空間での使用イメージをご確認いただけます。


また、CSR活動の一環として、オリジナルデザイン壁紙「ハイグラフィカ」では、アートを仕事とする障がいのある方の個性溢れるデザイン(※)を紹介します。同見本帳を通じて作品を紹介することで、アーティストの活動を支援していきます。
※アートを仕事とする障がい者を支援する、エイブルアート・カンパニーが著作権を管理する作品


同見本帳は、設計事務所や建設会社、工務店などでご覧いただけるほか、サンゲツウェブサイト内のオンラインカタログ「デジタルブック」でも発売と同時公開いたします。
なお、別冊でアクセントクロスによるコーディネーションを提案する新見本帳「2018-2020 ルームスタイリング」も同時発売いたします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]