logo

リピーターに朗報!歴史40年のインナーメーカーが直営サイトに新会員制度導入!7月1日(日)より適用開始

株式会社エル・ローズ 2018年07月03日 14時01分
From PR TIMES

株式会社エル・ローズは、7月1日(日)より自社運営のエル・ローズオンラインショップにて、新会員制度”Rose 365”を導入することを発表いたします。これまでの会員制度にはなかった、ランク別によるポイント付与システムに加え、お客様に寄り添うサービスを展開いたします。



■詳しくはこちらをご覧ください。(エル・ローズ公式オンラインショップ 会員システム紹介ページ)
リンク
[画像1: リンク ]

もう一度買いたい!を大切に
アウターに比べて、より素肌の近くに着用する下着は、一度気に入ると同じブランドのものばかり買ってしまう方は少なくないはずです。エル・ローズオンラインショップでも一度購入いただいたお客様のリピート率は高い傾向にあります。
株式会社エル・ローズのファンデーションは、30年以上にわたり女性に愛され続けてきました。これはお客様の声に真摯にお答えし続けた結果だと考えています。
さらに良い商品開発を行うために、お客様の声を求める目的で、直営サイトを開設しております。
お客様の「もう一度買いたい!」の声を大切に、お客様に有益な情報提供と、よりお求めやすいサービスを提供するべく、新しい 会員制度 ROSE365 Member`s Clubを立ち上げました。


[画像2: リンク ]

シークレットセールやプレゼントキャンペーンを実施
会員登録は任意で行われ、基本的に最初のスタートランクは「Blue」ランク。その後「Silver」「Gold」となっています。ランクが上がるほど、対応サービスの種類が多くなります。目玉サービスは、「Silver」会員以上に適用される、シークレットセール招待とモニタープレゼントキャンペーン。シークレットセールでは、会員様限定で通常お値引しない商品がセールになったり、通常セール表示価格からさらに値下げしたお得なプライスでお買い求めいただけます。モニタープレゼントキャンペーンでは、モニターになってくださる方を募集し、抽選で商品をプレゼント。商品に対する顧客満足度向上を目指し、また、お客様の貴重な声を集め、満足度の高い商品開発を行っていきます。

[画像3: リンク ]

人気ブラレットブランド「AERA BLUE」の公式ストア
アウターランジェリーを提唱するブラレットブランド”AERA BLUE(アエラブルー)”のオフィシャルECサイトもその運営はエル・ローズオンラインショップです。
AERA BLUEは、メインターゲットを20代後半から30代に向け作られたブラレットブランドです。AERA BLUEのブラレットは、ワイヤレスな作りに加え、これまでブラジャーにあるべきものであった、フックやストラップの調節カンもなくしたソフトで軽い着け心地のブラレットです。
これまでの補整下着開発から培ったバストメイク技術などを活かし、ブラレットでも美しく見せるデザイン設計が施されています。そんなAERA BLUE世代のお客様にもROSE365 Member`s Clubにて、快適なお買物体験をご提案いたします。
【AERA BLUEブランドサイトはこちら】
リンク

Rose 365に込められたお客様への想い
「Rose(バラ)」女性の美の象徴です。花や植物にはそれぞれ意味を表わす言葉がありますが、バラには、色だけでなく、その本数や色、部位、状態、組み合わせによっても意味が変わる特別な花です。そんなバラの花言葉の中で、「365本」のバラを贈る際の意味は、「毎日あなたが恋しい」です。365日、様々なライフスタイルの中で生きる大切なお客様とともに過ごしていきたい。
お客様に出会えた奇跡を大切に。そんな想いを込め、”Rose 365”というクラブ名を付けました。

ELLE ROSE ONLINE SHOP について
”AERA BLUE”を始め新ブランド拡大により、これまで以上に多様な商品をご提供いたします。ブラレットだけでなく、スポーツウエア、ルームウエア、補整下着まで多様な商品を展開しております。今後もお客様の求める商品づくりに注力してまいりますので、ぜひご期待ください。

リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]