logo

モバイルバッテリーのレンタルサービス「充レン」の実証実験について

東京電力エナジーパートナー株式会社 2018年07月02日 18時01分
From PR TIMES

~ゆりかもめを中心としたお台場エリアで本日から開始!~



 東京電力エナジーパートナー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 川崎敏寛、以下「東電 EP」)と株式会社ゆりかもめ(本社:東京都江東区、代表 取締役社長:櫻井務、以下「ゆりかもめ」)は、本日から、モバイルバッテリーのレンタルサービス「充レン(ジュウレン)」の実証実験を開始します。

 スマートフォン等のモバイル端末が普及した現代社会において、外出時におけるモバイル端末の充電ニーズは非常に高まっています。特に、ゆりかもめ沿線を中心としたお台場エリアには、イベント会場や商業施設が多数存在することから、モバイル端末の充電を必要とするお客さまが多いと想定されます。

 そうしたニーズにお応えするため、このたび、ゆりかもめ沿線を中心としたお台場エリアに、モバイルバッテリーの貸出・返却手続きを簡単に行うことができるレンタル機器を設置することといたしました。お客さまは、メールアドレスの入力とクレジットカードによる簡易的な決済手続きのみでモバイルバッテリーを借りることができ、レンタル機器が設置されている場所であれば、どこへでも返却することができます。

 このたびの実証実験を通じて、東電EPは、お客さまの利用ニーズや利便性についての検証を行うとともに、今後、複数の地方自治体や企業と連携することで機器の設置エリアを拡大し、実用化を目指してまいります。

 また、ゆりかもめは、本サービスにより、臨海副都心エリアのお客さまの利便性が向上することで、さらなる地域活性化に繋がるものと考えています。

 両社は、社会の多様なニーズにお応えし、お客さまの暮らしを支える新しい価値の創造に挑戦し続けてまいります。

「充レン」サービスの概要
1.利用方法
(1)レンタル時
 ・レンタル機器の液晶画面(タッチパネル)にて、スマートフォン充電コネクタを選択し、メールアドレスを
  入力した上で、クレジットカードにて決済していただきます。
(2)返却時
 ・レンタル機器が設置されている場所であれば、どこでも自由に返却することができます(レンタル機器に返
  却)。

2.仕様
(1)レンタル機器の仕様

[画像1: リンク ]

(2)モバイルバッテリーの仕様

[画像2: リンク ]

※一般的なスマートフォンを1~1.5回程度フル充電可能な容量
*LightningはApple Inc.の商標です。*USB Type-C はUSB Implementers Forumの商標です。

3.実証実験
(1)実施期間
   2018年7月2日(月)~2018年12月31日(月)
(2)機器設置箇所
   計16箇所20台
   〇鉄道沿線の各駅
   ・ゆりかもめの各駅
    新橋駅、汐留駅、お台場海浜公園駅、台場駅、テレコムセンター駅、 青海駅、国際展示場正門駅
   ・東京臨海高速鉄道りんかい線
    東京テレポート駅
   〇その他施設
   ・アクアシティお台場 ・カレッタ汐留 ・グランドニッコー東京 台場 ・ダイバーシティ東京プラザ
   ・デックス東京ビーチ ・東京ビッグサイト ・日本テレビ ・フジテレビ
(3)利用料金
   レンタル当日から翌日24時までのご利用で1台300円(税別)
   <料金イメージ>
[画像3: リンク ]

*レンタル当日から3日目以降は24時間毎に追加料金300円(税別)が発生します。4日目の24時以降もご利用いただく場合は、3,000円(税別)でお客さまによる買い取りとなります。


4.問い合わせ先『充レンサポートセンター』
  ・メールによるお問い合わせ
   info@ju-ren.jp
  ・LINEによるお問い合わせ
   LINEアプリから「@ju-ren」で検索して友だち追加

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]