logo

国際モダンホスピタルショウ2018に出展


アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、2018年7月11日(水)から13日(金)まで東京ビッグサイトで開催される国際モダンホスピタルショウ2018へ出展いたします。

本展示会では、「もっと便利と安心を。”つなぐ・まもる・つかう”医療情報を支えるアライドテレシス」をテーマに、 増え続ける医療情報端末と複雑化する院内ネットワークについて、24時間365日止められない医療情報ネットワークの統合運用管理ソリューションやサービス、セキュリティ対策のご紹介に加え、今春発表された世界初のハイブリッド無線LAN「AWC Channel Blanket」について医療現場における利用シーンを想定しご紹介するほか、7月13日(金)には出展者プレゼンテーションセミナーを実施いたします。ご来場の際には、ぜひ当社ブースにお立ち寄りください。

【開催概要】
名称:国際モダンホスピタルショウ2018
会期:2018年7月11日(水)~13日(金) 10時00分~17時00分
テーマ:健康・医療・福祉の未来をひらく~世代と国境を越えた豊かな共生を目指して~
主催:一般社団法人日本病院会 / 一般社団法人日本経営協会
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)東展示棟/会議棟
アライドテレシス展示ブース:東2ホール ブース番号 F-9
参加について:詳細は国際モダンホスピタルショウ2018のホームページをご覧ください。
リンク

【展示ブース】
つなぐ
・止まらない・止められないネットワーク
-医療情報システムインフラの安定稼働への備え-
・病院・病棟をまとめて安心統合管理
・IoT時代を支えるアライドテレシス無線LAN
・世界初!ハイブリッド無線LANシステム
-高い利便性と低コストからはじめる新しい無線LAN-
・最適な無線LANを自動構築・可視化
-プラグインシステムで有線・無線・IoTを統合管理-
・24時間365日常時監視で安心サポート
-万が一の障害に備えた24時間365日体制での監視・運用-

まもる
・強靭なセキュリティ対策で情報漏えいを防ぐ
-アプリケーション連携によるセキュリティ対策-
・悪質巧妙化するサイバー攻撃や内部犯行への対策
-各種アプリケーションと連動したネットワーク制御の自動化を実現-
・最適な無線LANを自動構築・可視化
-プラグインシステムで有線・無線・IoTを統合管理-
・院内LANに潜むセキュリティの脅威

つかう
・IoTデバイスをまとめて統合管理
・IoTデバイスのデータを収集・可視化・分析
・あんしんのOneStopサービス

【出展者プレゼンテーションセミナー】
日時:2018年7月13日(金)14時00分~14時45分
定員:120名
会場:東京ビッグサイト 会議棟6階
タイトル:医療でのIoT活用と院内電波管理
演者:《講演》
福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長/准教授
総合情報基盤センター 副センター長 情報セキュリティ部門長 山下芳範 氏
《プレゼンテーション/実演デモンストレーション》
アライドテレシス株式会社
お申込み:国際モダンホスピタルショウ2018のホームページよりお申込みください。
リンク

詳細は当社ホームページをご覧ください。
リンク

------------------------------------------------------------------
<<ニュースリリースに対するお問合せ先>>
アライドテレシス株式会社 マーケティングコミュニケーション部
田中 利道 E-mail: totanaka@allied-telesis.co.jp
TEL:03-5437-6042 URL:リンク
〒141-0031東京都品川区西五反田7-21-11第2TOCビル

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]