logo

オン・セミコンダクター、最新技術を導入したITセンターをチェコ共和国ロジノフに開設

オン・セミコンダクター株式会社 2018年07月02日 13時01分
From PR TIMES

情報システムへの投資により、先進技術とスマートマニュファクチャリングの戦略を推進



[画像: リンク ]

高効率エネルギーへのイノベーションを推進するオン・セミコンダクター(本社 米国アリゾナ州フェニックス、Nasdaq: ON)は、グローバル企業として幅広い社内共有サービスを提供するために、設備と機能を拡張した情報技術(IT)センターをチェコ共和国のロジノフ・ポド・ラドホシチェム(以下: ロジノフ)に開設したと発表しました。今回の拡張は、ハイテク製造および技術プロセスにおける情報技術の活用に向けた当社の積極的な取り組みと、自動化およびインダストリ4.0に向けた総合的な戦略を示しています。

ロジノフにおける当社の製造活動の大幅な拡大にともない、業務の範囲と従業員数が継続して増加しているため、ITセンターはハイテクビジネスに不可欠な最新の技術導入に向けて、拡張が必要な段階に達していました。新しいオフィスでは、技術スタッフが会社の情報システムをより創造的かつ効率的にサポートし、新しい技術とイノベーションに集中できるように最適な職場を提供しています。

オン・セミコンダクターによる、ロジノフでのIT共有サービスへの投資は18年前に始まり、社内で最大規模のITグループへと次第に成長してきました。 このセンターの活動には、エンタープライズシステムと製造システム、工場の統合と自動化、および年中無休のITシステムの稼働に向けた、ソフトウェアソリューションの設計、開発、統合、および実装が含まれています。

ロジノフは、製造工場とデザイン・センターに隣接しているため、ヨーロッパにおける新設の集約した地域データセンターの拠点として選ばれました。今回の拡張には、120名の従業員向けの新しいオフィススペースも含まれています。

オン・セミコンダクターのシニア・バイスプレジデント兼CIOであるケビン・ハスキュー(Kevin Haskew)は次のように述べています。「当社のお客様は、ご自身の製品に対する高度なエネルギー効率ソリューションに加え、品質全体を向上させるために高度なITシステムを活用することを当社に求めています。今回の投資は、新しい収入源を見いだし、顧客体験を再考し、組織のプロセスを合理化し、労働生産性を向上させる機会を得るために、当社がどのようにデジタル技術を活用しているかを明確に示すものです」

オン・セミコンダクターについて
オン・セミコンダクター(Nasdaq: ON) は、お客様にグローバルな省エネルギーを実現していただけるよう、高効率エネルギーへのイノベーションをリードしてまいります。オン・セミコンダクターは半導体をベースにしたソリューションのリーディング・サプライヤーで、エネルギー効率の高い、電力管理、アナログ、センサ、ロジック、タイミング、コネクティビティ、ディスクリート、SoCおよびカスタム・デバイスの包括的なポートフォリオを提供しています。オン・セミコンダクターの製品は、自動車、通信、コンピューティング、民生機器、産業用機器、医療機器、航空宇宙、防衛のアプリケーションにおける特有な設計上の課題を解決します。オン・セミコンダクターは、迅速な対応、信頼性、世界クラスのサプライ・チェーンと品質保証プログラム、厳格な企業倫理とコンプライアンスを備え、北米、ヨーロッパ、およびアジア太平洋地域の主要市場で、製造工場、営業所、デザイン・センターのネットワークを運営しています。詳細については、リンクをご覧ください。

ニュースリリースURL
リンク

• Twitterで @onsemi_jp をフォローしてください。

# # #

オン・セミコンダクターおよびオン・セミコンダクターのロゴは、Semiconductor Components Industries, LLCの登録商標です。本ドキュメントに記載されている、それ以外のブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。オン・セミコンダクターは、本ニュースリリースで同社Webサイトを参照していますが、Webサイト上の情報はここには記載されていません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]