logo

ライフイズテック、「鹿児島県地域ICTクラブ推進協議会(仮称)」として総務省の「地域におけるIoTの学び推進事業」の実証事業者候補に選定

ライフイズテック株式会社 2018年07月02日 12時01分
From PR TIMES

鹿児島県徳之島町や霧島市、株式会社CA Tech Kidsと連携し、地域でIT・プログラミング教育の先行モデルを創る実証事業を実施

中学生・高校生向けのIT・プログラミング教育事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:水野 雄介)は、この度、鹿児島県徳之島町や霧島市、株式会社CA Tech Kidsと構成する「鹿児島県地域ICTクラブ推進協議会(仮称)」として、総務省の「地域におけるIoTの学び推進事業」において、実証事業者候補に選定されました。



[画像: リンク ]


「地域におけるIoTの学び推進事業」は、2020年度からのプログラミング教育の必修化を通じて、ICTへの興味・関心を高めた児童生徒 が、学校外でICTを継続的・発展的に学ぶことができるように、企業や地域住民による学習機会の手法を確立し、先端ICT人材の育成を促進するための事業です。

ライフイズテックでは、これまで延べ 28,000名以上の中高生にプログラミング教育機会を提供してきたほか、累計1,000名以上の大学生メンターの育成を実施してきました。また、地域ごとにIT人材を育成するエコシステムを構築する「Tech for Local」も自治体向けに提供しています。
今回の取り組みでは、これまでノウハウを生かしながら「鹿児島県地域ICTクラブ推進協議会(仮称)」の代表団体として、地域に根付いたIT・プログラミング教育の先行モデルやコミュニティの創出を目指します。「鹿児島県地域ICTクラブ推進協議会(仮称)」は、今夏より、鹿児島県徳之島町や霧島市に住む高専生・大学生・社会人などを対象にしたメンター研修や、弊社のオンライン教材「MOZER」などを使用した小学生・中学生・高校生向け講座などを実施していく予定です。

「地域におけるIoTの学び推進事業」について:
リンク

「地域におけるIoTの学び推進事業」実証事業に係る採択候補の決定について:
リンク


■会社概要
社名 :ライフイズテック株式会社
所在地 : 〒106-0047 東京都港区南麻布 2-12-3
代表者 : 代表取締役 CEO 水野 雄介
事業内容:プログラミング・IT教育プログラム
     「Life is Tech ! (ライフイズテック)」の企画・運営
      ワークショップ・ エンターテイメントの企画・運営事業
公式ウェブサイト:リンク
ライフイズテック株式会社について:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]