logo

株式会社セシオス APIエコノミー時代に必要な認証・認可機能を持った「SeciossAuthHub」をリリース

株式会社セシオス(東京都豊島区、代表取締役 関口 薫)は、様々なAPIが公開され、その広がりを見せているAPIエコノミー時代に必要な認証・認可機能を持ったクラウドサービス「SeciossAuthHub」をリリースしたことをお知らせします。

 APIを積極的にサードパーティに公開したり、あるいはサードパーティのAPIを利用することで、新しいサービスを創出したりする「APIエコノミー」は国内でも広がりを見せています。

 一方で、APIを安全に利用させる仕組みが必要になり、API提供側にその仕組みを実現する機能の開発が必要(OAuth2.0ベースの認可サーバを実装など)で開発負担も大きくなっています。

 このような背景を受け、API提供側の負担を削減、APIエコノミーの普及を促進するため、認証・認可の仕組みをクラウドサービスとして提供するOAuth Provider「SeciossAuthHub」を開発、リリースしました。

「SeciossAuthHub」を利用すると、APIの認可を安全・簡単に実現することができるようになります。

■サービス仕様(順次拡張予定)
・APIに対する認可機能
 -OAuth2.0に対応したWebサービス
・認証連携機能
 -OpenID Connect(Facebookアカウント、Googleアカウント)
 -ユーザ認証APIを持つシステム(REST API)

「SeciossAuthHub」はどなたでも「無料」で利用を開始することができます。
※APIの呼び出し回数の制限あり。

利用をご希望の方は専用のページよりお申込みください。
※申し込みページは現在準備中ですので、「お問い合わせ先」にご連絡ください。

<お問い合わせ先>
株式会社セシオス
〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-13-10 南池袋山本ビル 3F
URL: リンク
Email: sales@secioss.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

SeciossAuthHub

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]